2016年4月19日(火) コアユ釣り

晴れ


今日は昨日と違って晴れの良い天気です。今日もS川へコアユ釣りに出撃します。昨日と同じように、早めのお昼の食事を10時頃に済ませて、食べ終わってからすぐに家を出発。道中ガソリンスタンドに立ち寄って、バイクにガソリンを補給してからまっすぐ釣り場に向かいます。




S川
S川到着です。今日は先客が2人。琵琶湖に向かって右側に1人、左側に1人おられます。右側の先客に声をかけて、その右隣で竿を出させてもらうことにし、昨日と同じポイントで仕掛けを入れることになります。
準備を終えて、釣りスタートは11時です。

竿:6.1mのべ竿(硬中硬)。
仕掛け:コアユスペシャルアジ1号(1セット4本針)4セット連結して、仕掛けの中央の連結部にラセンをセットします。
錘:ナス型0.5号×2個(1号相当)。 風・波が強くなってからは0.5号×3個(1.5号相当)

ラセンに自作餌をねじ込んで仕掛けを投入。少し沖目に仕掛けを入れて、引き寄せるようにしゃくって・・しゃくって・・を繰り返します。何回か仕掛けを入れなおしたところで本日の1匹目をゲットします。
1匹目のコアユの写真を撮ってから後はポツポツと釣れ続きますが、心持昨日より釣れるペースが遅いような感じです。でも、イヤにならない程度にポツポツと釣れ続きます。この調子なら、今日も束釣りは間違いなしでしょう。。。

それほど釣れるペースが上がるでもなく下がるでもなく、いつまでもポツポツ釣れる状態が続きます。

12時を回った頃でしょうか? 来た時より少し風が強くなってきました。波も強くなってきて、足元に水が上がりだします。このまま同じ位置で釣りを続けていたら水をかぶってしまいそうなので、一旦竿を置いて一段高い位置に移動します。

今度は柵に竿かけを取り付けて、立ったまま柵にもたれかかって釣りをします。釣れるペースはあまり変わらない状態で、ポツポツと釣れ続いてくれます。

そうこうしているうちに、今度は更に強い風が吹き始めて、竿を煽られます。こうなると長い竿は扱いにくくなりますねぇ。波が更に強くなってきて、水が濁り始めてきました。仕掛けも風に吹かれて思ったポイントに入れにくくなってきましたので、ここで錘を1個(0.5号)追加します。

まだ何とか釣れてくれるのでそのまま粘り続けますが、だんだん疲れてきました。そして更に濁りが強くなってきて、釣れるペースがガクンと落ちました。時間を見ると15時30分です。今日は11時から竿を出しましたので、これで昨日と同じ4時間半竿を出していたことになります。カウンターを見ると、今日は2束には届いていませんが、それに近づいています。いちおうそこそこ釣れてくれたし、それなりに楽しませてもらったし、また次の機会に楽しめますから、今日のところはこれで納竿としました。

本日の釣果
本日は昨日と同じ4時間半竿を出していて、釣れたコアユは全部で192匹でした。今日は1時間当たり42匹強のペースで釣れたことになりますねぇ。
その他情報等

このS川のポイントは意外と釣り人が少ないポイントですが、釣れないわけではなく良く釣れるポイントです。また、河口部の近くだけではなく、石段のところでも釣れるようです。昨日も気がついていたのですが、私が竿を出していた右側の石段のところ数十メートル先(南)の岸寄りに、カワウが何度も潜っているところを見ました。・・・ということは、その辺りにはコアユの群れがいるはずなので石段のところでコアユが釣れても不思議ではないと思います。

S川の河口部の左側(北)から膳所公園に向かってもカワウが飛んでいきます。そちら方面の石段のところにもコアユの群れがいるのではないでしょうか?誰もコアユ釣りの竿を出していませんが、出したら釣れるかもしれないと思っています。

石段のあるところは浅いので、コアユ釣りをするとしても仕掛けの錘が石の間に挟まって仕掛けをロストするリスクが高いですが、5.4m以上の竿で、仕掛けも短く細工して、岸寄りの石の多いところで錘が水底に着かないよう気を付けて釣りをしたら釣れると思います。これをマスターしたらコアユ釣りのできるポイントが広がって、コアユ釣りがますますおもしろくなると思います。

ロイヤルオークホテル前のポイントでコアユが釣れ始めたようです。このポイントは足場が悪いだけでなく、釣れたコアユを落としたら、石の間にコアユが入って拾えなくなるという短所のある釣り場ですが、釣り場が広く、コアユがたくさん集まってきますから良く釣れるし、釣り場が広い分込み合うことがないという長所があります。
最大の短所は、近くに車の駐車スペースがないことと、竿を出す場所によってはトイレがかなり遠くになると言ったところでしょうか。

戻る

淡水小物釣りTOP ushisanお薦めフィッシングアイテム 管理人ushisanのお薦め情報