2016年5月22日(日) コアユ釣り

晴れ


前回相模川(大津プリンスホテル前)の深場で竿を出して、粘った挙句期待外れとなってしまいました。そのときの状況から考えると、次に竿を出すとしたら、相模川河口部右岸の石垣のところか、オーク前と思い、とりあえずオーク前から始めて、不調なら相模川とする予定で家を出発します。

釣り場へ向かう途中、コンビニに立ち寄ってお昼のお弁当とお茶を調達して、におの浜沿いにバイクを走らせてチラッとだけ様子見してからオーク前のポイントに向かうことにします。

琵琶湖文化館(西・東側):西側はコアユ釣りの釣り人ゼロでしたが、東側に1人おられました。
諸子川:コアユ釣りの釣り人ゼロ。
堂の川:コアユ釣りの釣り人ゼロ。
相模川:左岸奥のポイントに数名。河口部カーブのポイントに1,2名。

バイクでサッと通っただけなので、釣れているかどうかは不明です。





ロイヤルオークホテル前(コンビニと歯医者さんの中間くらい)
オーク前にやってきました。コアユ釣りをしている釣り人は1人もいません。今日もダメなのかなぁと思いながら湖岸を少し歩いてみると、所々に湖岸の石についたコアユの集団が見えます。石についたコアユは釣れないだろうなぁと思いますが、その向こうにもしかしたらやる気のあるコアユがいるかもしれないので、あまり期待せずにコアユの集団の見える近くで竿を出すことにします。
準備を終えて、釣りスタートは9時20分です。

竿:5.4mのべ竿(硬中硬)。
仕掛け:コアユスペシャルアジ1号(1セット4本針)2セット連結して、仕掛けの中央の連結部にラセンをセットします。
錘:ナス型0.8号。

ラセンに自作の撒餌をねじ込んで仕掛けを投入しますが、湖岸に見えるコアユの集団がやっぱり気になって、岸より2mほど後ろに下がって、コアユの集団の少し先に仕掛けを投入してしゃくってみます。
仕掛けがコアユの集団の中に入って、コアユが散っていくようだったら釣れないのですが・・・
意外と散って行きませんねぇ。これなら釣れるかもと思ったときに本日の1匹目をゲットします♪

1匹目をゲットした後、すぐに2匹目、3匹目と続いて釣れてきます。そうしているうちに、仕掛けの周りにコアユの集団がやって来て、仕掛けに興味を示してくれます。
この調子が続いたら、今日はかなり釣れると思いますが、いつどこかへ行ってしまうかわからないので、釣れているうちに数を稼ごうとガンバリます。

この意外な状態が思っていたより続きます。仕掛けの周りに集まってくるコアユと、仕掛けを見て逃げていくコアユもいるように思います。バンバン釣れるほどペースは上がりませんが、仕掛けの周りのコアユを見ながら釣るのはおもしろいですねぇ。

そこへもう1人釣り人が参戦されます。ここから後はこのポイントでコアユ釣りをしている釣り人は、私を含めて2人となります。
お腹が減ってきたので時間を見ると12時5分です。この時カウンターは140。一旦竿を置いてお昼の食事&休憩とします。

食事後、トイレを済ませて再参戦する前に、他にも湖岸の石についているコアユの集団がいないかどうか見てみますと、他にも何か所かコアユの集団を見ることができました。・・・ということは、釣れるポイントがあちこちにあるのかもしれません。

12時40分頃に午後の部スタートです。・・・が、、、コアユが見えませんねぇ。どこかへ行ったのかな?
少し心配しましたが、仕掛けを入れてしばらくしゃくっているとコアユの集団が見え始めました。ギルもいるし子バスも見えますが、コアユの数が圧倒しているのかどうか、ギルやバスが仕掛けの周りに見えなくなったらすぐにコアユが集まって来ます。

コアユの集団の中から、1匹・・また1匹とコアユを釣り上げます。ペースアップしているときだと、最高3連もあり、5回ほどしゃくったら釣れてきます。

ずっとずっとこんな調子が続いて、時間を見ると14時20分です。今日釣れてくるコアユは型の良いのが多いですから、嵩が高いこともあって、クーラーボックス中のコアユの入れ物に、コアユがいっぱいになってきました。

カウンターを見ると2束を超えています。このまま釣り続けても入れ物にコアユが入らなくなってしまいそうだし、釣れ止む気配もなさそうだし、気分的には大満足! 十分楽しむことができたので、本日のところはこれで納竿としました。

本日の釣果
今日は実質4時間半ほど釣りをしていたのですが、釣れたコアユは全部で216匹でした。平均すると1時間当たり48匹釣っていることになりますねぇ。
今日は期待半分でオーク前に行って正解でした。それにしても今日のオーク前は、日曜日にもかかわらず、ポイントがら空きでした。

オーク前で釣りを終了してからその帰り道に、もう一度相模川に立ち寄ってみました。河口部右岸の石垣のところではコアユ釣りの釣り人が1人もいませんでしたが、石についているコアユの集団がいるようです。そろそろこちらでも釣れるのではないでしょうか?

戻る

淡水小物釣りTOP ushisanお薦めフィッシングアイテム 管理人ushisanのお薦め情報