2016年12月25日(日) コアユ偵察

晴れ


今日は晴れていてそれほど寒くはないようだし・・・ 用事はお昼前に終了していて時間もあったのでコアユの偵察にでも行こうかと思います。
少し早めのお昼ご飯を済ませて、釣り道具をバイクに積んで出発です。早ければ今の時期でも釣れる可能性のあるポイント(東レ排水口前)を目指します。





盛越川
釣り場に着く前に盛越川のポイントでバイクを停めてあちこち見て回りますが、水中に生き物の姿を見ることはできませんでした。
もしコアユが近くに来ていたら、共同橋にカワウがとまっているかもしれないので、そちらの方を見てみましたが、ハトらしき鳥が一羽とまっているだけでカワウの姿は見られません。まだ早いのかもしれませんねぇ。

東レ排水口前
釣り場に到着してみると釣り人が一人おられます。ちょっと声をかけて話しかけます。バス狙いで釣りをされているとのことで、排水の吐き出し口のところを見ていると、バスやギルがチラチラしているのが見えました。
しばらく見学していると、バス・ギルでない小魚がキラッと光るのが見え、多分ハエジャコだろうなぁと思いますが、とりあえず竿を出してみることにします。

釣り準備をして、排水口の吐き出し口の少し下手で竿を出すつもりでいたのですが、先行者の方が親切にポイントを空けてくださり、お言葉に甘えて吐き出し口のポイントで竿を出させてもらうことにします。
竿:4.5mのべ竿。
仕掛け:エダスが短めのアジ針1号4本バリ4セット連結。
錘:ナス型2号。
いちおう撒餌持参で来てはいたのですが、このポイントの暗黙の了解に従って撒餌なしで釣ることにします。

排水口の吐き出し口すぐ手前に仕掛けを投入して、流れに任せて仕掛けをゆっくり上下させながら流し、仕掛けが竿いっぱい沖に出たら入れなおします。この動作を何回も何回も繰り返しますが、アタリもカスリもしない状態が延々と続きます。もしコアユが来ていたら1匹くらいは掛かるだろうと思うのですが、ダメそうですねぇ。

それでは、、、、、ということで、今度は仕掛けを投入したら、錘を底に着けて、流れに引きずられるようにゆっくりと流してみます・・・と、、、掛かってきたのはハエジャコでした。ハエはいるようですねぇ。
コアユは釣れませんが、ハエでも掛かってくれたら嬉しいものです。この後、錘を底に着けて釣る方法で粘ってみますと、次に釣れてきたのは子バス・・・そしてギルでした。写真には撮っていませんが、ギルはもう一匹釣れました。

時間を見ると13時40分です。12時頃から釣り始めましたから、1時間40分経ったことになります。
ここまでで釣れたのは、ハエ1匹、バス1匹、ギル2匹の合計4匹でした。残念ながらコアユの姿を見ることはできませんでしたが、今日のところはこれで納竿としました。

戻る

淡水小物釣りTOP ushisanお薦めフィッシングアイテム 管理人ushisanのお薦め情報