2017年1月10日(火) コアユ偵察

晴れ


今日は朝からお天気も良く、少し暖かいです。午前中はチョットお出かけしていて、帰ってきたのが12時半過ぎだったので、まだ時間も早いことだしコアユの偵察に出ることにします。
行き先は前回も行った、東レ排水口のポイントとして、もし釣り場満席だったり、釣れなかったりした場合、いずれの場合も今日の偵察ポイントはこの一か所にしておこうと思います。





東レ排水口前
ポイントに到着すると先客が二人おられ、二人とも排水口の吐き出し口を避けて竿を出しておられます。ウキを付けてのリール&竿で釣りをされていて、狙いはコアユではなさそうです。
せっかくポイントが空いていることなので、竿を出して排水口の吐き出し口のところに釣り座を構えます。
竿:4.5mのべ竿。
仕掛け:エダスが短めのアジ針1号4本バリ4セット連結。
錘:ナス型2号。
いちおう撒餌持参で来てはいたのですが、このポイントの暗黙の了解に従って撒餌なしで釣りスタートです。

前回と同じように、仕掛けを排水口の吐出し口に投入して、錘を水底に着けた状態で流れに任せて流します。仕掛けが竿いっぱいまで流されたら一旦仕掛けを上げて入れなおします。しばらくこれを繰り返しますが、やっぱりアタリもカスリもナシの状態が延々と続きます。
偏光メガネをかけてきていましたので、釣りをしながら水面の様子を観察し続けますが、見えるのはバスらしい姿のみで、コアユらしい小魚は全く見えません。

やっぱり今日もダメかなぁと思ったところへ、竿を持つ手にコツコツとアタリが・・・
仕掛けを上げてみると掛かってきたのはギルでした (-_-;)

ギルを釣った後、しばらく粘り続けていると、またコツコツとアタリが出ました。仕掛けを上げても今度は手応えナシで、何も上がって来ませんでしたが、感触からすると多分ギルだと思います。

粘りに粘って、時間を見ると14時20分です。ほぼ1時間ほど竿を出していたのですが、今日もコアユの顔を見ることなく、この辺で納竿としました。
気象予報では、明日から寒気が入って寒くなるようなのでしばらくコアユの偵察はお休みにして、また暖かい日があればコアユの偵察に出撃したいと思います。

戻る

淡水小物釣りTOP ushisanお薦めフィッシングアイテム 管理人ushisanのお薦め情報