2017年2月16日(木) コアユ偵察

晴れ


今日は朝からお天気も良く、日中の気温も上がりそうなので久しぶりに出撃です。お昼の食事を早めに済ませ、釣り準備ができてすぐに家を出発しました。




御殿浜
最初にやってきたのは御殿浜です。バイクから降りて橋の上から水中の様子を見ます。水は澄んでいて、お天気が良いので水底まではっきり見えます。もしコアユが来ていたら確実に見えるのですが、どうやらここにはコアユは来ていないようです。しばらく水面とにらめっこしていましたが、コアユらしき姿は見当たらず、竿を出さずに次に移動することにします。

盛越川
次にやって来たのは盛越川です。こちらは濁りが入っていて、水の中の状態は全くわかりません。川の上流部で工事でもしているのでしょうか? これだけ濁ってしまっていたら、コアユが良く釣れる時期でもこのポイントでのコアユ釣りはダメですねぇ。ここでも竿も出さずに次に移動です。

東レ排水口前
東レ排水口前のポイントにやって来ました。先客が一人竿を出しておられます。私の知り合いの方だったので、声をかけさせてもらって様子を伺うと、バケツの中には小さく透き通った氷魚が3〜4匹入っていました。
数はともかくとして釣れているようです。竿を出す前にしばらく辺りの様子を観察してみると、小さなコアユの集団を見つけることができました。

それではここで竿を出してみましょう!

竿:4.5mのべ竿。
仕掛け:コアユスペシャル(アジ針1号4本バリ)4セット連結。
錘:ナス型2号。

今日は排水口から水が出ていないようですが、本流部の流れはそこそこあるようです。
最初は餌なしでその流れに乗せてゆっくりしゃくりながら仕掛けを流しますが、それを始めたとたんにコアユの小集団が見えなくなりました。
やや上流部に仕掛けを入れて、ゆったりと仕掛けをしゃくりながら流します。仕掛けが竿いっぱい下流部に向かって流れたら一旦仕掛けを上げて上流部に入れなおし・・・を何回も繰り返します。
これを何回も何回も繰り返しますが、アタリもカスリもナシ状態で、さっきまで見えていたコアユの小集団もどこへやらです。

それならば、撒餌をラセンに付けてみることにします。このポイントでは暗黙の了解で撒餌を付けないことになってはいるのですが、先客の方に餌を付けることを宣言してやってみます。
・・・これでどこかへ散って見えなくなったコアユが寄って来てくれるだろうと期待して、仕掛け投入・・・しゃくりながら流す・・・を繰り返しますが、コアユの姿を見ることができません。

結局1時間強仕掛けを上げ下げして粘ってみましたが、ついにコアユの姿を見ることなくギブアップです。
先客の方も、コアユの姿が見えなくなって釣れない状況でした。このままここで釣り続けていても釣れる気がしなくなり、思い切って竿をたたんで移動することにしました。

吾妻川
東レ排水口前でいちおうコアユの小集団を見ることができたものの、釣果を得ることができず、今度は吾妻川にやってきました。
こちらには、河口部西・東側ともに竿を出している釣り人が数人おられます。いずれにも私の知り合いの方がおられたので、様子を伺いに声をかけさせていただきましたが、コアユが釣れていないようです。
いろいろ雑談をしながら見学していましたが、仕掛けの周りにコアユが集まってくる姿は全く見えず、やっぱりキビシイ状態ですねぇ。
コアユの姿がチラッとでも見えたら竿を出そうと思っていたのですが、残念ながらその気になる状況ではなく、話し込んで1時間ばかりしたところで撤収しました。
今日もコアユ釣りは「ボ」となってしまいましたが、東レ排水口前で今年初めてコアユの集団を見ることができました。いよいよコアユの釣れる日がやって来ました。これからが楽しみです♪!

戻る

淡水小物釣りTOP ushisanお薦めフィッシングアイテム 管理人ushisanのお薦め情報