2017年4月13日(木) コアユ釣り 「ボ」

晴れ時々曇り


桜が散りかけているところもあるし、気温も上がってきているのでもう釣れ始めているだろうと思いながら、早めのお昼ご飯を食べてから釣り準備をして、準備ができ次第家を出発しました。




御殿浜
まずはいつもと同じく御殿浜のポイントにやって来ました。水が増えています。琵琶湖の水位が上がっているようですねぇ。しかしコアユ釣り師は誰もいません。橋の上から水面の様子を観察しますが、水の透明度が低く、水中の様子はほとんどわかりません。コアユが来ているのなら、誰か竿を出していると思いますが、この様子では多分釣れないのでしょうねぇ。竿は出さずに次へ移動します。

盛越川
こちらは水が澄んでいて水中の様子が大変良く見えます。水草の近くに小魚がたくさんウロウロしているのが見えますが、どう見てもコアユではなく、ちびギルのようです。バスも見えます。ここでも竿は出さずに次へ移動です。

東レ排水口前
排水口の吐き出し口にたくさん小魚が寄っていて、時々キラッと光ります。何がいるのかわからないので、とりあえず竿を出してみることにします。
撒餌はナシで、排水口の手前に仕掛けを入れて、流れに任せて仕掛けを流すと、すぐに反応があって上がってきたのは子持ちのハエジャコでした。
今度は流れの緩やかなところに仕掛けを入れると、これまたすぐに反応があって、上がってきたのはちびギルです。川縁の流れの穏やかなところには、どこを見てもギルギルギルです。しばらくギルと戯れてから竿をたたんで移動します。

相模川(大津プリンスホテル前)
10年前のコアユ不調のときに、最初の1匹を手にすることができたポイントで、とりあえず竿を出してみましたが、しゃくってもしゃくっても音沙汰なしです。やっぱり今日もダメなんでしょうねぇ。次に移動します。

吾妻川
風が強くなって来て、このポイントの足場は波で水が上がってきています。コアユ釣り師は誰もいなく、右側にバス釣りの釣り人が一人いるだけです。しばらく橋の上から水面を眺めていましたが、風に当たっているうちに寒くなってきました。この状況では竿を出す気にもなれず、本日も「ボ」のまま撤収しました。

戻る

淡水小物釣りTOP ushisanお薦めフィッシングアイテム 管理人ushisanのお薦め情報