2017年5月2日(火) コアユ釣り

晴れ


今日はコアユ釣りに出撃します。行き先は一昨日調子が良かった相模川(大津プリンスホテル前)のポイントとして、釣り場に着くまでにその他のポイントの様子を見ながら行こうと思います。

バイクに乗って家を出発し、途中でコンビニに寄り道して、お昼のお弁当とお茶を調達。釣り場に向かってバイクを走らせます。





吾妻川
吾妻川のポイントでは、左側のカーブのポイントに3名ほど、右側のカーブのポイントには6名ほどのコアユ釣り師が竿を出していました。絶好調のポイントにしては釣り人の人数が少ないですねぇ。チラッとだけしか見ていませんが、その短い間でも釣れる瞬間が見られましたから、今日も調子が良いのだと思います。

琵琶湖文化館
西側 東側
琵琶湖文化館の西側のポイントに2人、東側のポイントに1人、コアユ釣りをしている釣り人がいました。こちらも短時間でチラッとだけしか見ていませんでしたので、釣れているかどうかはわかりませんでした。

諸子川・堂の川
諸子川 堂の川
今日は諸子川に3人のコアユ釣り師が竿を出していて、チラッとだけの短時間で釣り上げられる瞬間を見ることができましたから、諸子川も釣れるのだと思います。
堂の川にはバス釣りの釣り人だけで、コアユ釣り師は誰もいませんでした。諸子川で釣れているのですから、竿を出したら多分釣れるとは思うのですが・・・

相模川(大津プリンスホテル前)
川の奥のポイント 先端のカーブのポイント
目的の釣り場に到着です。川の奥のポイントに数名のコアユ釣り師が竿を出していて、先端のカーブのポイントには4名のコアユ釣り師が竿を出しています。いずれのポイントも釣れているようですが、私が到着した時間はペースダウンしていたようです。とりあえず先端のカーブのポイントの琵琶湖側のところで竿を出すことにします。
釣り準備が完了して釣りスタートです。時間は9時10分です。

竿:6.1m(シマノ天平硬中硬)。
仕掛け:コアユスペシャル(アジ針1号)4セット連結して、セット中央の連結部にラセンを付けます。
錘:0.8号。
撒餌:シラス・自作餌。

ラセンに撒餌をねじ込んで仕掛けを投入し、しゃくって・・・しゃくって・・・
ラセンの餌が溶けて小さくなったら一旦仕掛けを上げて撒餌を追加して・・・

何回かこれを繰り返したところで本日の1匹目をゲットします。いちばん下の針に掛かって来ました。
この後も、ペースは遅いもののポツ・・・ポツ・・・と釣れてくれます。かなり遅いペースですが、時間をかけたら束釣りは可能なペースでしたから、150オーバーを目指して釣り続けます。

多分10時過ぎたらもう少しペースが上がるはずと期待しながら釣り続けていると、予想通りそれくらいの時間になるとチョッピリペースが上がりました。
11時40分頃に一旦竿を置いてトイレに行って、早めのお昼の食事とします。綺麗に咲いている芝桜を見て、琵琶湖を見ながらお昼ごはんも良いものです。

食事後再スタートしますが、この時点でコアユはまだ束に届いていません。やっぱり150が良いところかなぁと思いながら釣り続けていると、少しずつペースアップしてきました。気が付いたら100アップ、それなら帰るまでに200を狙ってみようかと欲が出てきます。
欲が出始めるとペースにブレーキがかかるところですが、風が吹き出して少し釣り辛くなって、波が出てきてペースが上がり出します。風に対抗するため、錘は1.5号にして、竿も手元1本分たたんで5.8mに、、、
前回来た時ほど風も強くなく、何とか持ちこたえられる状況だったので助かります。これから後は、3連・4連・5連・・・最高9連といった調子でバンバン釣れてくれます。
時間を見ると、15時20分頃で、カウンターも300越え。もう十分楽しめたし、疲れも出てきたしで、まだ釣れ続くとは思いますが、本日はこれで納竿としました。

本日の釣果
9時10分から15時20分まで、6時間強竿を出していて、釣れたコアユは全部で353匹。一昨日出した新記録を塗り替えることができました。
その他
本日入ってきた情報では、御殿浜でも調子良く釣れているとのことでした。ここまで今年の湖南のコアユはどうなることかと思うほど絶不調でしたが、一気にあちこちで釣れ始めたようです。明日からのGWの連休中はあちこちのポイントで楽しめると思います。

戻る

淡水小物釣りTOP ushisanお薦めフィッシングアイテム 管理人ushisanのお薦め情報