2017年5月20日(土) コアユ釣り

晴れ


今日も出撃可の日なので、前回調子が良かった諸子川へ行くことにします。家を出てからいつものようにコンビニに寄り道して、お昼のお弁当とお茶を調達してから釣り場に向かってバイクを走らせます。
目的の釣り場(諸子川)に着くまで、途中のコアユポイントを少し覗いてから行きます。





吾妻川
吾妻川河口部左岸のカーブに一人、右岸のカーブに一人。このポイントにはコアユ釣り師は二人しかいません。釣れなくなったのかなぁ??? 橋の上からしばらく様子を見ていると、左側の釣り人の仕掛けにコアユが連で上がってきました。 釣れないわけではなさそうです。

琵琶湖文化館
西側 東側
琵琶湖文化館のポイント、西側にはコアユ釣り師が二人。東側には数名のコアユ釣り師がいます。釣れた瞬間を見ることはできませんでしたが、多分釣れるのだと思います。

諸子川
諸子川のポイントに到着です。河口部右岸(右側)のカーブには、見ての通りお子様一人含む、8人のコアユ釣り師がいます。このポイントでこの人数だと間に入るには少し狭いですねぇ。
右岸は無理として、左岸のカーブには誰も竿を出している釣り人はいません。それならば左岸(左側)のポイントで竿を出してみることにしようと思います。
左岸のポイントで竿を出す前に、湖岸の様子を見てみると、石積み辺りにコアユの群れが見えます。石の苔を食んでいるコアユは釣れないかもと思いながら、石積みに最も近いところで竿を出してみることにします。

釣りスタートは9時30分です。

竿:5.8m(シマノ天平硬中硬6.1mの手元1本をたたんで短くしています)。
仕掛け:コアユスペシャルアジ針1号、4セット連結して、セット中央部の接続部にラセンを付けます。
錘:前回と同じく、ギル対策のため重めの2号ナス型を使用します。
撒餌:自作餌。

ラセンに撒餌をねじ込んで仕掛けを投入。しゃくって・・・しゃくって・・・を繰り返し、撒餌が溶けて小さくなったら仕掛けを一旦上げて撒餌を追加です。
その数分後、最初の1匹目をゲット!♪ 続けて2匹目・・・3匹目・・・ 調子良くポンポンと釣れ出して、仕掛けの周りにコアユの群れ&チビギル多数が集まって来ているのが見えます。
こうなると前回同様入れ食いモードに突入です。時々連で・・・3連も・・・最高5連です。。。
こんなに釣れるなんて、どうなっているのでしょうねぇ。見てる間にカウンターの数字がどんどん増えて行きます。
気が付いたら11時20分。トイレに行きたくなってきたし、一旦竿を置いてトイレタイム・・・ついでに早めのお昼ご飯&休憩とします。

食事後再参戦。第一投目の仕掛けを投入したときには、あれだけ集まっていたコアユの姿が見えなくなっています。散ってしまったのかなぁ?と思いながらしばらくしゃくり続けていると、またまたコアユの群れ&チビギル多数が集まってきました。
それから後は、またしても入れ食いモードです。ここから先はともかく仕掛けを入れて、少ししゃくったらチビギル混じりでコアユが掛かってきます。もうどうにも止まらない状態がいつまでもいつまでも続きます。

前回同様、釣れたコアユはクーラーボックスへ直接投入し、チビギルはビニール袋に入れます。
釣れ止んだら納竿と思ってはいますが、一向に釣れ止む気配がありません。どこかでキリをつけないと、釣れ過ぎて困ることになるので、疲れが出始めた13時30分頃に自主的にキリをつけて納竿としました。

本日の釣果
9時30分スタートの13時30分終了で、4時間竿を出していて、釣れたコアユは全部で405匹です。時速100匹ほどですねぇ。

戻る

淡水小物釣りTOP ushisanお薦めフィッシングアイテム 管理人ushisanのお薦め情報