2017年6月11日(日) コアユ釣り

曇りのち晴れ


今日の大津の天気予報では、曇りのち晴れで、風もそれほど強くなさそうなのですが、朝起きてから空を見ると「ホントに晴れるの?」という感じの空模様でした。雨が降ったら困るなぁと思いながら、天気予報を信じて出撃です。

今日の予定は、今年初めての堂の川で竿を出して、もし不調ならお隣の諸子川移動という予定です。





堂の川
堂の川のポイントにやってきました。コアユ釣り師は誰もいません。いるのはバス釣りをしている釣り人のみです。「この状況でホントに釣れるのか?」と思いながら、自信無げに釣り準備にとりかかります。
釣り準備を終えて、釣りスタートは9時5分です。

竿:5.8m(シマノ天平硬中硬6.1mの手元1本分をたたんで短くして使用します)。
仕掛け:コアユスペシャルアジ針1号、4セット連結して中央の連結部にラセンを付けます。
錘:1.5号。
撒餌:自作餌。

ラセンに撒餌をねじ込んで仕掛けを投入。しゃくって・・・ しゃくって・・・
撒餌が溶けて小さくなったら一旦仕掛けを上げて餌を追加して仕掛け投入。しゃくって・・・ しゃくって・・・

10分くらいその状態でコアユが掛かって来ず、やっぱりこのポイントはキビシイのかなぁと思ったときに本日の1匹目をゲットしますが、、、かなり小さいですねぇ。
1匹目の後しばらくして2匹目・・3匹目・・と続いて釣れます。釣れ止んだら移動しようと思いながら、釣り続けますが、どうやら釣れ止むことはなさそうで、徐々に釣れるペースが上がってきます。この調子だと移動する必要はなさそうです。

しばらく釣り続けたところで、釣り人が1人、また1人と増えてはきますが、このポイントは本当に釣り人が少ないですねぇ。
トイレに行きたくなってきたので、いったん竿を置いてトイレに行って、戻って来てから早めのお昼ご飯にします。時間は11時40分頃で、食事後ゆっくり休憩してから再参戦します。
・・・が、、、これまで調子良く釣れていたのに急ブレーキがかかったように釣れなくなってきました。全く釣れないわけではないのですが、かなりペースダウンしてしまって、何匹かパタパタと釣れたらしばらく待たされる感じになってきました。
これまでパタパタと調子良く釣れ続いていたものですから、少し待たされると気分的に釣れないなぁといった感じになってきます。
竿を持って、あちこちウロウロしていて、石積みのポイントに目をやると、湖岸の石についているコアユの集団が見えました。石についているコアユは釣れないけれど、その向こう側(沖)にやる気のあるコアユがいるかもしれないと思い、仕掛けを入れてみると釣れました!♪

釣れることがわかったので、石積みのポイントへプチ移動です。

竿:5.4m(シマノ天平硬中硬 6.1m竿の手元2本分を短くたたんで使用します)。
仕掛け:コアユスペシャルアジ針1号オーク仕様、上2本+ラセン+下6本)。
錘:1号。
撒餌:自作餌。

ラセンに撒餌をねじ込んで、仕掛けを沖目に投入し、しゃくりながら手前に引き寄せる方法で釣ります。
釣れたコアユが針から外れてポロリと落ちることも多いですが、ほぼ入れ食い状態で釣れてくれます。
石積みのポイントに移動して正解だったようです。調子良くポンポン釣っているうちに、コアユがたくさん寄ってきたのかどうか、竿に届く範囲の水面にコアユがぴょんぴょん跳ねるのが見えます。

このポイントでは1匹ずつ釣れることの方が多く、ポロリも多いですが、釣れるペースが速いですから調子良くカウンターが上がっていきます。

時間を見るともう15時です。午後からは石積みのポイントで立ちっぱの釣りでしたから結構疲れてきました。このまま釣り続けてもまだまだ釣れますが、自分的には十分楽しめたことだし、今日のところはこの辺で納竿としました。

本日の釣果
今日は9時チョイ過ぎから15時まで、約6時間ほど竿を出していたことになります。釣れたコアユは全部で307匹。時速50匹ほどですねぇ。
今日も好調でしたが、釣れてくるコアユは全体に小さかったです。この感じだと、いよいよ湖南は終盤なのかもしれないですねぇ。

戻る

淡水小物釣りTOP ushisanお薦めフィッシングアイテム 管理人ushisanのお薦め情報