2017年10月9日(月) スゴモロコ釣り

晴れ


今日は久しぶりに宇治川でスゴモロコに遊んでもらおうと思います。釣り方はこれまた久しぶりのオランダ仕掛けのチョイ投げとして、釣り場は隠元橋上流部の樋門を目指して出発しましたが、釣り場に着いてみると工事中でポイントの様子がガラッと変わってしまっていて、釣りのできる雰囲気ではありませんでした。
竿も出さず、他のポイントを探しに上流へ向かってバイクを走らせましたが、どことも釣りのできそうなところがなく、京滋バイパスのガードのところでUターンをして、川下へ向かって移動し、京阪道のガード下で釣りをすることにしました。





宇治川下流部
京阪道のガード下のポイントに到着しました。こちらは特に変化もなく、どこでもOK状態です。バス釣りの釣り人がガード下より下流部で釣りをされていますが、スゴモロコ釣りをするには全く問題なしです。
ガード下より僅かに上手に釣り座を構え、竿を出して釣りスタートです。
竿 : コンパクトロッド。
仕掛け : リールを使ってオランダ仕掛けのチョイ投げ仕掛け
仕掛けの下に撒餌を入れる餌かごを付けて、かごの中にはハエ用の撒餌(ウニ撒餌)を詰め込みます。

斜め上流に向かって仕掛けを投げ込み、餌かごが川底に着いたら川底を引きずるようにして流し、仕掛けが正面より下流に流れたら一旦仕掛けを巻き上げて上流へ投げ込み直します。
これを何回も繰り返してアタリを待ちますが、なかなかアタリが出ません。20分近くこれを繰り返しましたがアタリもカスリもなしで、やっとしたところで1匹目が掛かって来ましたがバラシです(w_−; ウゥ・・
その後もイマイチ状態で、とりあえずガード下にプチ移動して仕掛けを投げ込みます。
プチ移動したのが良かったようで、今度はバラシナシで最初の1匹目ゲット!♪ 続けて2匹目ゲットとなりました。
釣れることがわかったので、荷物も一緒に本格移動して釣り続けます。その後は仕掛け投入後、2回に1回はアタリがあって、時々スゴモロコが掛かってくれます。
今日は釣って遊んでもらえたらそれでヨシなので、いちおう入れ物は持って来てはいたのですが、釣れたスゴモロコは入れ物に入れず、針から外したら即放流です。

釣り続けているうちに撒餌が効いてきたのかどうか? 釣れるペースが少しずつアップしてきました。
最初は1匹ずつ釣れていたのが、2連あり、3連あり・・・・・
最大5連で掛かって来ます。

こんな調子なら一旦入れ物に入れて貯めておけば良かったかなぁと思いながら、調子良く釣り続けます。

時間を見ると14時です。このポイントに来てから2時間ほど経ちました。
このまま釣り続けてもまだまだ釣れる感じでしたが、自分的にはもう十分遊んでもらえて楽しめたし、今日のところはこれで納竿としました。

戻る

淡水小物釣りTOP ushisanお薦めフィッシングアイテム 管理人ushisanのお薦め情報