2018年1月18日(木) 釣場偵察

曇り時々晴れ


前回、東レ排水口前にコアユ(氷魚)の集団が来ているのを目撃していて釣ることができませんでした。
今日はお天気はマズマズ・・気温は寒さが少し緩んで前回よりはあまり寒さを感じません。もしかしたらもしかするかもと少し期待をして出撃です。





吾妻川
少し早めのお昼ご飯を食べてから家を出発して、まず最初にやって来たのは吾妻川です。橋の上から琵琶湖側と道路側の様子をしばらく観察します。
琵琶湖側は水中の様子があまり見えませんが、道路側は水深も浅く、水中の様子が良く見えます。道路側の水底に何かキラッと光ったので、しばらく目を凝らして見ていると、何かわかりませんが小魚の小集団がいるようです。見た感じではコアユではなさそうですねぇ。。。多分ハエジャコなのだと思います。竿を出しても釣れそうな感じがしないので、このポイントは見るだけにして次へ移動です。

盛越川
このポイントも橋の上から琵琶湖側と道路側の様子を見てみます。吾妻川と違ってこちらは琵琶湖側は見にくいなりに少しだけ水中の様子が見えます。でも小魚の姿は影も形もナシです。
道路側は琵琶湖側より水中の様子が更に良く見えるのですが、道路側のポイントにも何も入って来ていないようですねぇ。この状況だと竿を出してみようという気も起りません。見るだけ見てから次に移動します。

東レ排水口前
今日も排水口吐き出し口にコアユ(氷魚)の集団が来ていました。前回より少し多く来ているように感じたので期待して竿を出してみましたが・・・ あらら・・・仕掛けを入れたとたんにコアユが散ってしまって何も見えなくなってしまいます。

前回も同じ状況だったので、今回は仕掛けの針はアジ針ではなくキツネ針の2号と、かなり小さめの地味な針でやってみたのですがねぇ。。。
撒餌あり、撒餌ナシにかかわらず、コアユは仕掛けには全く興味を示さず、警戒してどこかへ行ってしまうようです。今日も振られてしまいました。やっぱりそれなりのその時期が来ないとダメなんでしょうねぇ。。。

総門川
コアユに振られた後は、総門川でギルに遊んでもらうことにします。前々回・前回ともイマイチ釣果のギルですが、今日は同じ総門川でもポイントを変えて竿を出してみることにします。
竿 : 2.1mのべ竿。
仕掛け : 普通のウキ釣り仕掛けで、針はタナゴ用の新半月(スレ針)1本針。
エサ : 赤虫に似せた疑似餌・イカの燻製・拾ったワーム・Tさんにいただいたイカ。

エサは前回と同じ+釣友Tさんにいただいたイカを使ってみて、どれかいちばんよく釣れるエサでやってみようと思います。

まず最初は、イカの燻製です。仕掛けを入れるが早いかアタリがあって1匹目ゲット!
しかし、その後が全くダメダメ状態が続きます。アタリは出るけどたまぁ〜にしか出ないし・・・おまけに釣れない・・・ダメだこりゃ。。。

次はTさんにいただいたイカですが、こちらも入れて最初に1匹釣ってからはアタリも出なくなって・・・
赤虫に似せた疑似餌はアタリは出るけど釣れません。やぁ〜っとしてから1匹釣るのが関の山・・・
拾ったワームを小さくちぎってやってみますと他のどれよりもアタリはマズマズ出るしいちおう釣れるようです。

その後、いろいろ餌を使い回して、結局拾ったワームがいちばん良さそうと判断してからは、ワーム一辺倒で釣り続けました。ワーム一辺倒になってからは、そこそこアタリも出て釣れてくれて、前回までよりは良く釣れて楽しませてもらいました。
いろいろと手持ちの餌を使い回している間に釣れたギルは5〜6匹で、ワーム一辺倒にしてからは十数匹釣ることができ、本日の釣果は最終的に18匹でした。

戻る

淡水小物釣りTOP ushisanお薦めフィッシングアイテム 管理人ushisanのお薦め情報