2018年2月14日(水) 釣場偵察

晴れ


今日は寒さが少し緩んだので、久しぶりにコアユの偵察に向かうことにします。偵察先は吾妻川、盛越川、東レ排水口前と行って、コアユがまだのようなら帰りに総門川に立ち寄ってギルに遊んでもらう予定です。




吾妻川
前回までと同じく、まずは吾妻川をチェックしますが、やっぱりコアユはまだですねぇ。琵琶湖の水位が更に下がっているせいか、水中の様子がよく見えます。水の中で動くものは何も見えません。見るだけ見て次へ移動します。

盛越川
こちらのポイントも水中に動くものは何もないです。小魚も見えませんし、ギルとかバスも見えません。

東レ排水口前
う〜〜ん、、、、、こちらのポイントもコアユはまだのようですねぇ。今日もコアユの小集団を見ることができません。いちおう念のため竿を出してみましたが、アタリもカスリもなく、20分ばかり粘ってみましたが音沙汰ナシで諦めて竿をたたんで総門川へ向かいます。

総門川
結局ギルに遊んでもらうことにして、総門川のポイントにやってきました。

竿 : 2.1mのべ竿。
仕掛け : 普通のウキ釣り仕掛けで、針はキツネ1号(スレ針)1本針。
エサ : ワーム。

今日はワームのみ使うことにして、前回まで使っていた拾ったワームと以前バス釣りをしていた頃の手持ちのワームを2〜3種類持って行きました。
いずれのワームもかなり柔らかいワームで、それを小さくちぎって針にチョン掛けです。針先を出すようにしてワームを付けて釣ります。

最初は半透明の黒の点々が入ったワームを使いましたが、すぐに1匹目をゲットです。
その後も、緑の蛍光色のワームを使ってみたり、茶系のを使ってみたりしましたが、どのワームにもアタリがあってポツポツと釣れてくれます。
柔らかいワームだったら何でも良いのかもしれませんねぇ。スレ針を使っているので、針に掛かっても時々外れて逃げますが、釣れたギルを針から外すのは楽です。
今日はキツネ1号のスレ針でしたが、もう少し号数の大きな針にしたら逃げられることも少しは減るかもしれません。今度釣具屋さんに行ったら、もう少し号数の大きなスレ針を探してみようと思います。

1時間半チョイ釣りをしていたでしょうか??? いちおうギルに遊んでもらうことができて釣りを楽しめましたので、今日のところはこれで納竿としました。

戻る

淡水小物釣りTOP ushisanお薦めフィッシングアイテム 管理人ushisanのお薦め情報