2018年3月29日(水) コアユ釣り

晴れ


前回は2桁釣れたことだし、今日は20〜30匹くらい釣れたら良いなぁ、、、と思いながら、いつものように早目のお昼ご飯を家で食べてからバイクに乗って出撃です。本日の予定は、釣場を見ながら東レ排水口前まで行って、もし竿を出せそうなポイントを見つけたらそこで竿を出してみても良いかな?という感じでバイクを走らせます。




御殿浜
まずは御殿浜のポイントを覗いて見ますが、コアユ釣り師はいません。バス釣りをしている釣り人が右側のカーブのポイントに1人です。橋の上からしばらく水面とにらめっこしていましたが、それらしい小魚の集団も何も見えず、竿を出さずに次へ移動します。

盛越川
次にやって来たのは盛越川のポイントです。こちらも橋の上からしばらく様子を見ましたが、小魚が見えるもののコアユではなく、ハエジャコのような感じです。こちらも竿を出さずにパスです。

東レ排水口前
こちらのポイントにもコアユ釣り師はいません。排水口の吐き出し口近辺を覗いてみると、相変わらず小魚がキラキラといっぱい見えますが、ハエジャコのような感じです。でも竿を出したら前回のようにコアユが掛かってくれるだろうと期待して、ここでは竿を出すことにします。
竿:4.5m。
仕掛け:コアユスペシャルキツネ針4セット連結でラセンナシです。
錘:2号。

排水口の吐き出し口の少し下手に仕掛けを入れて、ゆっくりしゃくりながら仕掛けを流れに任せます。
しばらくしてプルプルとした感触が竿を持つ手に伝わって来て、仕掛けを上げるとコアユでした。まだ透き通ったヒウオですが、こんなに小さくてもプルプルが伝わって来るんですねぇ。。。

しばらく時間を空けて、次に上がって来たのはハエジャコでした。ハエジャコが小さいので、コアユの感触と変わらないですから、またコアユが釣れたと思ってしまいます。
そしてまたしばらくして小さいコアユが掛かって来て・・・・・
この後、ラセンを付けて撒餌をしてみます。そうすると、今度は小魚が結構仕掛けに反応してくれて、バラシが多くなりますがプルプルが増えました。・・・が、、、釣れてくるのはハエジャコばかり・・・で、、、数匹ハエジャコを釣った後このポイントを諦めて移動することにします。ここでは約50分ほど竿を出していました。

相模川(大津プリンスホテル前)
次の移動先は相模川(大津プリンスホテル前)です。このポイントは、コアユの時期には早すぎると思いながらも、とりあえず竿を出してみることにして、、、約40分ほどここでやってみましたが、何の音沙汰もナシでした。もちろんコアユ釣りをしている釣り人は一人もいませんでした。

琵琶湖文化館(西)
前回までなら次は吾妻川となるところですが、今日はその吾妻川のお隣の、琵琶湖文化館(西)のポイントで竿を出してみました。
竿:5.8mのべ竿。
仕掛け:コアユスペシャルアジ1号4セット連結。
錘:1.5号
ラセンは仕掛けの中央部に取り付けます。

ラセンに撒餌をねじ込んで、少し遠目に仕掛けを投入してしゃくります。

仕掛けが手前に来たらしばらくその場で、しゃくって・・しゃくって・・を繰り返し、撒餌が溶けて少なくなったりなくなったら撒餌を追加して釣り続けます。

しゃくってもしゃくってもアタリなしの時間がどんどん過ぎていきます。やっぱり吾妻川に移動した方が良かったかなぁと思いながらもここで粘り続けていると・・・やっとの思いの1匹目がスレで上がってきました♪
その後も多分なかなか来ないのだろうなぁと思いながらしゃくり続けていると、思ったより早くこのポイントでの2匹目をゲットです!!♪♪これもスレ掛かりです。
・・・と言うことは、、、この後もうちょっと釣れるのかなぁと期待しますが・・・・・
アタリもカスリもしない状況に突入して、ダメダメ状況が延々と続きます。

そうこうしているうちに、波と風が出てきて、コアユ釣りにはもってこいの環境になりますが、結局期待倒れに終わってしまい、風と波が少し強くなって来て、足場に水が上がって来て、釣り辛くなってきたので本日はこれで納竿です。このポイントでは、2時間弱竿を出していました。

本日の釣果
東レ排水口前+琵琶湖文化館(西)の釣果です。
本日は初めから期待しすぎたようです。結局釣れたコアユは、東レ排水口前で2匹。琵琶湖文化館(西)で2匹の、合計4匹で終わりでした。いちおう「ボ」は免れましたが、湖南で数釣りできるのはいつになるのでしょうねぇ。。。。。

戻る

淡水小物釣りTOP ushisanお薦めフィッシングアイテム 管理人ushisanのお薦め情報