2018年4月28日(土) コアユ釣り

晴れ


昨日釣りから帰ってその段階では明日は釣りはお休みにしようと思っていたのですが、夕方から少し強めの雨が降ったので、この雨でもしかしたらコアユのスイッチが入って釣れるかもと思い、今日も出撃決行です。
もし湖南のコアユが急に始まったとしたら、おそらくどこででも釣れるだろうと思いましたが、今日のところは諸子川から始めてみて、イマイチなら他のポイントを探してみようという予定で家を出発しました。

諸子川までに道路から見えるポイントは琵琶湖文化館(西・東側)のポイントですが、今日はどちらのポイントでも数名のコアユ釣り師が竿を出していました。バイクを走らせながらチラッとしか見ていないので、釣れているかどうかはわかりませんが・・・

途中、昨日ご一緒した釣り仲間のFさんと合流して、諸子川へ向かいます。





諸子川
釣場に到着してみると、先行者が2人おられて竿を仕舞っておられました。状況をお聞きすると、釣れないことはない程度との感じだったので、やっぱりイマイチなのかなぁと思いながらもFさんと2人、先行者が竿を出されていただろうポイントで竿を出してみることにしました。
釣り準備ができて、釣りスタートは10時40分頃です。

竿:5.8m(天平硬中硬)。
仕掛け:コアユスペシャルアジ1号(1セット4本針)4セット連結して、中央の連結部にラセンをセット。
錘:1.5号ナス型。
撒餌:自作餌&シラス+パン粉+塩+小麦粉。

ラセンに撒餌をねじ込んで仕掛けを投入、、、まずは自作餌から先に使い始めます。
仕掛けを投入して、しゃくって・・しゃくって・・を繰り返しますが、アタリなしです。先客が諦めて先に帰られたのかもしれないねと言いながらしゃくり続けます。
このポイントで釣れるとしたら、11時頃以降に釣れ始めるはずだし、もう少し辛抱してみようと粘っていると、本日の1匹目ゲットです!♪
これで釣れ始めてくれるとありがたいと思いながら釣り続けていると、ポツリ・・ポツリ・・と釣れるようになってきました。時計を見ると11時を回っています。
その後、少しずつペースが上がって来て、仕掛けの周りにコアユの集団がウロウロしているのが見え始めました。こうなるとコアユは水面近くに集まってきますから、撒餌をもっと水面に近付ける方が良いと判断して、上から1セット目と2セット目の連結部にラセンをセットしなおします。
ここからあとは、かなり調子良く釣れ続け、12時半頃には50匹に近付いてきます。このままの状態が続けば今日はかなり釣れるのですが、そうはうまくは行かないもので、釣れるペースが落ちてきて、飽きない程度のペースとなり、釣れないことはないけれど程度のペースまで落ち込みます。そして、ダラダラ釣れて気が付いたら15時50分。
カウンターをチラッとみると150に届いています。このまま釣り続けても釣れないことはないのでしょうが、いちおう気分的にはもう満足状態で、本日のところはこれで納竿としました。

本日の釣果
本日は、5時間強竿を出していて、釣れたコアユは全部で152匹でした。今日は自作餌からスタートして、釣れるペースが落ちてから通常の撒餌を1度だけ使ってみましたが、あまり様子が変わるようでないので、即自作餌に戻しました。やっぱり使い慣れている自作餌がいちばん良いですからねぇ・・・
今日の諸子川の釣れ具合から想像して、湖南のコアユは始まったと見て良いのかもと思っています。釣りの途中でトイレに行ったついでに、湖岸の石積みに来ているコアユがいないか覗いて見ましたが、結構来てますねぇ。ところどころコアユの集団が石の周りに集まっているところが確認できました。
こうなると、次からどこで竿を出そうか楽しみながら迷ってしまいそうです♪

戻る

淡水小物釣りTOP ushisanお薦めフィッシングアイテム 管理人ushisanのお薦め情報