2018年5月6日(日) あわよくばコアユ釣り

晴れのち曇り


今日は孫と息子と3人で釣行です。大津市の天気予報を見ると、晴れのち曇り後雨で、昼間は雨が降りそうにないので助かるのですが、私たちが釣り場に着く頃より少しずつ風が強くなってきそうなので、万が一風で釣りができなきなったらダメなので風の影響を受けにくい釣り場を考えます。
息子と孫は自宅から歩いて交通機関を使って行くこととして、私は荷物を積んでバイクで行くことにして、現地集合ということで家を出発します。




選んだ釣場は膳所公園。ここでコアユを釣ることができるのか?
孫は食べられる魚が釣りたいと言うし・・・とりあえず膳所公園でやってみよう・・となりました。

膳所公園
私の方が先に集合場所の膳所公園に着いたので、公園の周りの湖岸を見て回ってコアユらしいのがいるのかどうか探してみると、いましたいました・・・コアユかどうかはわかりませんが、小魚の群れを発見です!

孫達と合流後、とりあえずここで竿を出してみようということで、釣りの準備にかかります。

仕掛けは自作の仕掛け2連結で、中央の連結部にラセンをセット。

撒餌は、通常の撒餌(シラス+パン粉+小麦粉)です。錘は1号を使用、竿は息子のは5.4m、孫のは4.5mです。水深浅く、錘を底の石に取られないよう、ウキ釣りです。
息子はかまわなくても勝手に釣りができるので、釣り準備後は手を貸しませんが、孫は初めてのコアユ仕掛けで、針が多くて危険ですので私が付きっ切りで、仕掛けを投入してから孫に竿を渡してウキにアタリがあったら孫が釣り上げるという方法を取ります。もちろん釣れた魚は私が外します。

釣り始めてからは、そこらに見えていた小魚の群れが見えなくなってどこかに行ってしまった感じです。

何回か仕掛けを入れ直して餌を撒くようにしますが、アタリが出ませんねぇ・・・・・
やっぱり無理かな?・・と思ったところでウキが沈みます。「引いてるで」と孫に声をかけて孫が竿を上げると掛かって来たのは小さなギルです。いちおう釣れたのは釣れたのですが、ギルでは食べようという気になる魚ではないですねぇ。
それからしばらく粘っていると、またまたウキが沈みます。
「ほらほら・・引いてるで」と声をかけます。
仕掛けについて上がってきた魚は、白く、ギルではなさそうです。
「コアユか!!!」っと期待しましたが、手に取ってみるとハエジャコでした。
いちおう食べられないことはないので入れ物にキープします。

この後も、時々アタリはでますが、空振りばかりであまり釣れなくて、一回場所を変えてみようかと、一旦竿をたたんで移動して、湖岸を歩きながら小魚の群れを探します。小魚の小集団はあちこちで見かけますが、どう見てもコアユらしくない動きで、多分ハエジャコと思われます。
・・・で、、、S川まで移動してみましたが、そこで見たのはギルの集団です。こんなところで竿を出したら、ギルばかり釣れることになってしまいそう、、、ということで、釣りは諦めて孫と息子は帰ることにしました。
結局釣れて持って帰ったのはハエジャコ1匹だけでしたが、孫が食べるということなので、帰ってからキレイに内臓を出して、ウロコも取って塩焼きにして食べました。

コアユ釣り場偵察記
今日はバイク移動で、自分では釣りをせずだったのですが、せっかく膳所公園まで出かけることになったので、少しだけでもコアユ釣り場を覗いて見ることにしました。
膳所公園に行く前に琵琶湖文化館(西・東側)を覗いてみました。西側はコアユ釣り師が一人だけいました。道路側からチラッとだけ見ていましたが、調子良く竿が立っているようでもなくの状態でした。
東側は、たくさんのコアユ釣り師がおられて、しばらく見ていると、あちらでポツリ、こちらでポツリといった釣れ具合でした。
湖岸をびわ湖ホールへ向かって少し歩いてみましたところ、コアユらしき小魚の集団がチラホラといるのが見えました。もしかしたら、ハエジャコの集団かもしれませんが、コアユの集団だったら多分釣れるんだろうなぁと思いながら見るだけみてその場を離れました。
諸子川と堂の川にもコアユ釣り師が何人か竿を出していましたが、バイクで走りながら道路側からチラッとしか見ていませんので、釣れていたかどうかは不明です。
でも、孫達と別れてからもう一度見に来た時には、堂の川で竿を出しておられた釣り人が竿をたたんで帰られるところで、その方に声をかけて釣況を教えてもらいますと、10時頃から14時半頃の間で50匹ほどとのことでした。
諸子川へは堂の川を覗いた後にもう一度立ち寄りました。釣れてはいましたが、う〜ん・・といった感じで、ポツッと釣れたら次までが長い感じで、時間を見ると15時だったので、息子が使っていた仕掛けと竿を出して、ウキを外して私も30分だけやってみましたが、1匹釣って終わりでした。
時間は前後しますが、膳所公園に向かう途中で相模川(大津プリンスホテル前)の先端のカーブのポイントに立ち寄ってみましたが、イマイチ状態のようでした。
膳所公園からS川移動後、孫達と別れてから、盛越川を覗いてみましたが、ハエジャコが数匹見えただけで、コアユらしき小魚は全く見えませんでした。
JR高架下も覗いてみましたが、こちらもコアユ釣り師が一人もいないだけでなく、もしコアユがいたら見えるだろうところにもそれらしい小魚は全く見えませんでした。
国道1号線の瀬田大橋を渡って、ロイヤルオークホテル前の様子を見に行きましたが、こちらも湖岸にコアユの姿を見ることができません。昨年だったら見えていたのですがねぇ。今年はオーク前にコアユは来ないのでしょうか?それともまだ来てないのでしょうか???
今年の湖南は昨年に比べたらかなり不調と言えますねぇ。今のところ、釣れるポイント(場所・時間・条件等)を外したら「ボ」を覚悟しなければならないほどの釣果ダウンとなります。このまま終わってほしくない湖南状況です。

戻る

淡水小物釣りTOP ushisanお薦めフィッシングアイテム 管理人ushisanのお薦め情報