2018年5月12日(土) コアユ釣り

晴れ


昨日イマイチで、今日もダメだろうなぁと思いながらも出撃です。今日も釣り場は諸子川に絞り込むことにして、昨日の状況から、長時間かけて最終的に束と期待して行きますが・・・




琵琶湖文化館
西側のポイント 東側のポイント
諸子川のポイントに着く前に、今日も琵琶湖文化館(西・東側)のポイントを覗いて見ましたが、西側はコアユ釣り師はゼロ。東側には2人ほど見えます。バイクから降りてしばらく様子を見ていましたが、コアユの釣れた瞬間を見ることはできませんでした。

諸子川
諸子川は、昨日も来られていた方が2人と、もう2名の先客がおられます。とりあえず右岸のいちばん外側のポイントで竿を出してみることにします。
早速釣り準備にかかって、準備ができたところで釣りスタートです。今日も10時20分スタートです。

竿:5.8m(天平硬中硬)。
仕掛け:コアユスペシャルアジ針1号4セット連結して、ラセンはセット中央部の連結部に付けます。
錘:1.5号ナス型。
撒餌:自作餌&通常餌(シラス+パン粉+塩+小麦粉)。

ラセンに自作餌をねじ込んで、仕掛けを投入してシャクリ始めます。
しゃくって・・しゃくって・・を繰り返し、餌が小さくなったら一旦仕掛けを上げて、少し餌を追加して仕掛けを投入しなおして、しゃくって・・しゃくって・・・・・と続けていると、本日の1匹目をゲットです。
1匹目が釣れてから、しばらくして2匹目。そしてしばらくして3匹目。やっぱり釣れるペースはかなり遅いので、この調子だと今日も長時間粘ることになりそうです。

昨日と同じく、ギルが釣れないので助かるなぁ・・と思ったときに、ついにギルが釣れました(-_-;)
それから後は、コアユのアタリがピタリと止まってしまい、2匹目のギルゲットです。嬉しくない状況となってきました。
しばらく粘りましたが、コアユが釣れなくなってしまいました。仕掛けの周りに時々ギルの影が見え始めます。
こうなるとだんだんイヤになってきて、誰もいない対岸のカーブのポイントに移動してみることにします。
移動してみて正解だったのかどうか、短い時間で立て続けに3匹ゲットです!♪これで後が続けば問題なしなのですが・・・続きませんねぇ。しばらくしたらまたギルです(+_+)
この調子だと束どころか、半束も難しいと思い、今度は別の仕掛けと竿を出して、湖岸のコアユを狙ってみることにします。

竿:5.7m(のべ竿/竿の名称不明)。
仕掛け:オーク仕様のコアユスペシャル1号。
(上針2本+ラセン+下針6本+錘)
撒餌:自作餌。
錘:1号ナス型。

ラセンに撒餌をねじ込んで、竿いっぱい沖へ仕掛けを投入し、しゃくりながら引き寄せる釣りです。
始めてみると、思っていたより早く1匹目をゲットします。しばらく続けていると2匹目ゲット。更に続けていると仕掛けの周りにコアユが集まって来るのが見え始めました♪
これでバンバン釣れ始めれば儲けなのですが、そうは甘くはなかったです。釣れないことはない程度にコアユが掛かっては来ますが、そのコアユの集団の中に、ギルの影がチラチラ見えます。こうなると、仕掛けの周りのコアユはなかなか針に掛かってくれません。ただでも釣れるペースが遅いところに、コアユ1匹釣るのにギルが2匹の割合になってきました。
もうイヤ!!!ということになってしまって、湖岸のコアユは諦めて元の釣りに戻ります。湖岸のコアユは仕掛けの周りに集まってくれることがわかったので、次回チャレンジするときは、ギル対策をどうするか?ですねぇ。
河口部左岸のカーブのポイントに戻ってから、先ほどまでよりコアユが釣れてくれるようになっていました。
釣れるペースは超スローながらも、ポツリ・・ポツリ・・とコアユが掛かってくれて、少しずつですがカウンターの数字が上がってくれます。時間も時間なので、今日は束釣りは無理としても、60〜70匹くらいは何とかなるのかなぁ・・・・・
・・・と思いながら粘っていると、プチ入れ食い状態が少しだけあって、16時頃に急ブレーキがかかって釣れなくなり、カウンターを見ると93匹です。もう後7匹で束なのですが、1匹がなかなか釣れない状況となっていましたので、本日はここで諦めて納竿としました。

本日の釣果
朝10時20分から16時まで、5時間40分粘った結果、釣果は93匹です。時間当たり16匹ほどですねぇ。本日も何ともキビシイ1日でした。

戻る

淡水小物釣りTOP ushisanお薦めフィッシングアイテム 管理人ushisanのお薦め情報