2018年6月3日(日) コアユ釣り

晴れ


昨日は惨敗で、今日はもう少し釣れたら嬉しいなぁと思い、昨日好調だったと聞いた吾妻川を目指して出撃です。しかし今日は日曜日で釣り人も多いことが予想されますから、もし竿を出す空きがなかったらどこか別のポイントを探しに行くことにしようと思います。




吾妻川
吾妻川に到着して、橋より道路側の奥から橋の向こうの河口部のポイントを覗いてみると、やっぱり河口部右岸・左岸共に数名の先客がいます。とりあえず琵琶湖側左岸のカーブのやや外側に竿を出せそうな空きがあったので、そちらで竿を出すことにしました。
釣り準備にかかる前に周りの状況を見てみると、みなさん短い竿で釣りをされています。尋ねてみると、それほど長い竿はいらないようなので、私も4.5mの渓流竿で釣りをすることにします。
竿:4.5m(渓流竿 硬調子)。
仕掛け:コアユスペシャル袖針2号4セット連結して、中央部にラセンをセットします。
錘:1号。
撒餌:自作餌&通常餌(シラス+パン粉+塩)。

ラセンに撒餌をねじ込んで仕掛けを投入して、しゃくり始めてしばらくすると、仕掛けの周りにコアユが来るのが見え始めました。
結構コアユが集まって来て、仕掛けに興味を示してくれていて、しゃくっているうちに本日の1匹目が上がってきます。そして2匹目・・3匹目・・と思っていたより調子良く釣れてくれます。この調子だったら今日はかなり釣れそうかなぁと思ってニンマリしますが・・・
十数匹釣り上げてから、急に釣れなくなってきました。コアユはまだ見えているのですが、コアユと一緒にギルが見え始めました。そしてついにギルが釣れ始めて、コアユの姿がだんだん見えなくなってきました。
そして沈黙の時間がまたもやって来ます。コアユはどこにいるのだろうと思って少し琵琶湖側の石積みの見えるポイントに目をやると、石の近くやその向こうにコアユの集団が見えました。
もしかして、仕掛けを入れたら興味を示してくれるだろうかと思い、コアユの集団の近くに仕掛けを入れてみると、初めは散ってしまう感じでしたが、何回か入れたり上げたりしているうちに針に掛かってくれるようになり、何匹か釣った後、その場所にプチ移動です。
移動後、コアユスペシャル袖針版でしばらく釣り続けましたが、4セット連結では仕掛けが長すぎて、上の1セット分は常に水より上の状態で釣りをすることになり、やりにくいこともあり、コアユスペシャルアジ針版の3セット連結の仕掛けに変更します。
ラセンは上から1番目と2番目のセット連結部に取り付けて釣ることにして、仕掛けがあまり手前に来てしまうと石に取られて根掛かりしそうなので、仕掛け投入は竿いっぱい沖目に投入して、しゃくりながら手前に引き寄せる釣り方とします。
仕掛けを投入してしゃくりながら引き寄せて・・ 仕掛けが手前に来たら錘が水底の石に取られないよう注意しながらしばらくしゃくって、仕掛けを入れ直して・・・を何回も何回も繰り返しているうちに、ポツ・・ポツ・・とコアユが釣れてはくれるのですが、やっぱりこちらもギルが来ます。ギルが近づいて来たらコアユが遠のいてしまって、仕掛けを入れ直してコアユが来てくれて、、、と言った具合で、コアユは釣れるには釣れるのですが、ギルにじゃまされてコアユの釣れるペースはガタ落ちです。でも、コアユが仕掛けの周りに来てくれるのが見えるので、それだけでも結構楽しく釣りができます。
そうこうしているうちにとうとうコアユの姿が見えなくなり、見えるのはギルだけとなってしまって、このポイントを諦めて元の場所に戻ってみると、コアユがチラッと見えたので、もう一度プチ移動し、仕掛けそのままでやってみると何匹かコアユをゲットして・・・・・ですが・・・・・こちらも何匹か釣り上げてからギルがやって来て、ついに釣れるのはギルばかりの状態となり、コアユが釣れなくなってしまいました。時間を見るともう16時前です。このままやっていてもギル以外釣れそうもなく、本日はここで納竿です。

本日の釣果
結局11時チョイ前頃に釣りスタートして、16時チョイ前に納竿ですから、5時間竿を出していたことになりますねぇ。釣れたコアユは全部で49匹。もう後1匹釣ったら50匹だったのですが、その1匹のためにギルばかり釣れる状況の中、後どれくらい粘らないといけないのか???と思い釣り終了です。
1時間10匹ほどのペースでコアユが釣れたことになりますが、本日もキビシイ湖南のコアユ釣りでした。

戻る

淡水小物釣りTOP ushisanお薦めフィッシングアイテム 管理人ushisanのお薦め情報