2018年6月7日(木) コアユ釣り

曇り時々晴れ


昨日の雨でついに梅雨入りしましたねぇ。今日はお天気は大丈夫そうだし、雨上がりの好調を期待してコアユ釣りに出撃です。出撃先は吾妻川に絞り込んで行ってみて、釣れるだろうポイントに空きがあったらそこで竿を出そうと思います。




吾妻川
吾妻川に到着してみると、あらら・・・釣り人はお1人だけです。声をかけて様子を伺うと、1時間で8匹とのこと、、、厳しいですねぇ。竿を出す前に少し様子を見ていると、その方の仕掛けの周りに、コアユの小集団がウロウロしていました。これならもしかしたら釣れるかも・・と思って、ここで竿を出すことにしました。
竿:4.5m(渓流竿)。
仕掛け:コアユスペシャル袖針(2号)版、4セット連結して、中央部の連結部にラセンをセットします。
錘:1.5号。
撒餌:自作餌。

ラセンに撒餌をねじ込んで仕掛けを投入して、しゃくって・・しゃくって・・ 撒餌が溶けて小さくなったら追加して・・・

すぐにコアユが寄って来るかと期待しましたが、なかなか寄って来ません。
そのうち来るのだろうと思いながら、やっとしたところで仕掛けの周りにコアユの姿がチラチラと見え始めて、いきなり連で上がって来ました。幸先良いスタートです!♪
しかしその後がいけません。しゃくってもしゃくっても釣れません。せっかく見えていたコアユもどこへやら・・・

ここで仕掛けをコアユスペシャルアジ針(1号)版4セット連結にチェンジします。しばらくしゃくっていると、3匹目ゲットです。更に4匹目ゲットですが・・・・・またまたストップです(-_-;)
その後は、しゃくっても・・しゃくっても・・音沙汰ナシで、その場で粘り続けていると、ついに大きなバスがやって来て、仕掛けを取られてしまいました(/_;) コアユの姿も見えなくなるし、、、釣れる気が全くしません。
一旦竿を置いて、石積みのところを覗きに行くと、コアユの集団が見えました。とりあえずこの集団の近くに仕掛けを入れてみと、一旦散って行きましたが、しばらくしゃくっていると仕掛けに反応するようになってきて、何とか釣ることができて、3匹ほどかけたところでそちらへプチ移動してみることにしました。
このポイントは手前に石があって浅くなっていますから、仕掛けを取られないように要注意です。4セット連結の仕掛けですが、実際に水中に入っているのは3セットだけにして、少し釣りにくいですが、錘が水底に着かないよう注意しながらの釣りです。
岸より少し遠目に仕掛けを入れて、しゃくりながら手前に仕掛けを引き寄せて、仕掛けが手前に来たら、錘が水底の石に取られないよう注意しながらしばらくしゃくって、釣れなければ一旦仕掛けを入れ直してしゃくります。
しばらくこれを繰り返しているうちに、仕掛けの周りにコアユの集団がウロウロするのが見えてきて、ポツり・・・ポツリ・・・と超スローペースながら釣れてくれます。
しゃくる速さをいろいろ変化させて、集まって来ているコアユを見ながらだましだまし釣り上げるのもそれなりにおもしろいのですが、この釣り方は結構疲れますねぇ。でもおもしろい!!! バンバン釣れるともっとおもしろいのですが、そうはいかないもので、ポツリ・・ポツリ・・というペースは変わりません。
そのうちギルが来るようになり、更に釣りにくくなったところで、一旦元の場所に戻ってみましたが、しゃくっても・・しゃくっても・・釣れる気配が全くナシで、、、、、第一、仕掛けの周りにコアユが見えません。
元のポイントでは1匹も釣れないまま、もう一度石積みのポイント近くに再プチ移動してみると、やっぱりコアユの姿を見ることができて、今度は柵の端のほうで水底に石が見えるポイントで始めてみると、こちらも仕掛けの周りにコアユが集まって来てくれて、ポツリポツリと釣れてくれます。
前回と違って、今日は石積みのポイントの方がギルも釣れるけれど、コアユも釣れてくれるようです。
・・・で、時間を見るともう16時です。今日も約5時間ほどコアユ釣りをしていたのですが、前回よりは今日の方がギルもあまり釣れなかったし、コアユを見ながらそこそこ楽しめたし、数は満足できる状況ではありませんが、本日のところはこれで納竿としました。

本日の釣果
11時頃から16時頃まで、約5時間竿を出していて、釣れたコアユは全部で58匹でした。前回は、終盤はギルギルギルで、散々な目に遭って納竿でしたが、今回はギルが釣れてもコアユも釣れての状況の中で、粘ったらもう少しコアユが釣れていたかもしれない状況の中での納竿でした。

それにしても、今年の湖南のコアユ釣りはストレスが溜まって疲れますねぇ(T_T)/~~~

戻る

淡水小物釣りTOP ushisanお薦めフィッシングアイテム 管理人ushisanのお薦め情報