2018年6月14日(木) コアユ釣り(引掛け釣り)

曇り時々晴れ


昨日はキビシイ釣りだったので、今日はどうしようかと迷いながら、サビキ仕掛けと引っ掛け釣りの仕掛けをバイクに積んで家を出ます。まずは釣り場の偵察から始めてみて、状況を見てからどちらの釣りをするか決めようと思います。



吾妻川=コアユ釣り師はいません。竿を出しているのは、バス釣りと鯉釣りの釣り人です。
琵琶湖文化館(西・東)=いずれのポイントにもコアユ釣り師はいません。
諸子川・堂の川=こちらもいずれのポイントにもコアユ釣り師はいません。

相模川(大津プリンスホテル前)
こちらもコアユ釣り師は誰もいないようです。河口部左岸のポイントには鯉釣りをされている竿が出ているだけで、他はバス釣りの釣り人のようです。
石積みのポイントに来てみると、最初はコアユも何も見えませんでしたが、しばらくすると岸寄りにコアユの集団が見え始めました。
昨日はサビキ釣りでコアユに振られ、ギルにモテモテだったので、多分コアユは釣れないだろうと思いますので、今日はここでコアユの引掛け釣りをやってみることにします。
久しぶりの引掛け釣りなので、最初は空振りばかりで、ちっともコアユが掛かってくれませんでしたが、しばらくやっているうちにタイミングが合うようになってきて、ポツリ・・ポツリ・・ではありますが、コアユが引っ掛かってくれるようになり何とかなってきました。ほとんど空振りばかりですが、引っ掛かることもあり、1時間で10匹ほどのペースでコアユを手にすることができます。
湖岸をあっち行ったり、こっち行ったりしてコアユを探しながらやっていましたが、切れ藻やゴミが岸に押し寄せられてきて、引っ掛けがやりにくくなり、いつの間にかコアユも見えなくなってきたので、引っ掛けは無理と判断して場所移動決行です。
結局ここでは2時間強竿を出していましたが、引っ掛けることができたコアユは全部で26匹でした。サビキで釣っているのと違って、型も少し大きめのが釣れますから、26匹でも嵩は高いです。

吾妻川
相模川から吾妻川へ引っ越してきました。昨日サビキ釣りをしていたポイントはいちおう空いているのですが、湖岸を見ると、こちらも岸寄りにコアユの集団が見えます。サビキでやるか、引っ掛けをやるか、少し迷いましたが、結局ここでも引っ掛けでやることにします。
相模川でだいぶ慣れてきたこともあって、意外と早い段階で1匹目をゲットします。
そして2匹目・・と続きます。嬉しいことに、こちらのコアユは、引っ掛けるのを失敗しても、思ったより散らないですねぇ。この状況だと相模川でやっていたみたいに、大きく移動しながらやらなくて済みますから、身体も楽です。
結構バテバテでこのポイントに来ていましたから、1時間もやったらもう帰ろうと思っていたのですが、引っ掛けする動作は変わらないのですが、あまり移動せずに済みますから、もうちょっと・・もうちょっと・・とダラダラ釣り続けてしまって、気が付いたらこのポイントでも2時間近くやっていました。
自分的には十分楽しめたし、昨日よりたくさん釣れたし・・で、、、本日のところはこれで納竿としました。

本日の釣果
結局、相模川で26匹、吾妻川で25匹で、合計51匹のコアユを手にすることができました。時間当たり12匹強ですから、昨日の釣果より若干多いことになりますかねぇ。。。

戻る

淡水小物釣りTOP ushisanお薦めフィッシングアイテム 管理人ushisanのお薦め情報