<< コアユ釣りコーナー >>

実際にコアユを釣ってみよう


houhou.GIF - 5,574Bytes

基本的な釣りの手順としては・・・

1. 仕掛けを竿にセットする。
2. らせん がやっと隠れる程度に しらすミンチ をつける。
3. 右図のように、仕掛けを水中に入れる。
4. 竿を上下に動かして らせん についている餌を水中に撒く。
5. バラケた餌にコアユが寄ってきて、餌と間違って針に掛かる。

と言う順になります。


ここで注意!

コアユは意外と水面近くにいますので、水深のある場所では、錘が底に着くほど下げてしまわないことです。あまり下げすぎると、かえって釣れなくなることがあります。

竿の動かし方では、上に早く、下にゆっくりで、下で一旦止めるような感じが良いと思います。
周りの釣り人で、よく釣っている人のまねをするのが一番無難だと思います。一見したところ、同じような動かし方に見えますが、人それぞれ少しずつ動かし方が違うものです。

コアユのアタリは、竿を動かしているときに、目印が不自然に動いたり、糸を張っていることもあるので、竿を伝って手元にコツコツとした感触が伝わってきます。その時にあわてて上げずに、ゆっくりとした動作で竿を上げると、一度に何匹も釣れる場合があります。
釣り方のコツをよく知っている地元の釣り人の釣っているのを見ていると、一度に一匹だけではなく、何匹もつり上げているのを見ることが出来ます。

一度で何匹も釣ろうと思って、仕掛けにコアユの掛かっているのをつけたまま長い間放置すると、ブラックバスやブルーギルがコアユを狙って来る場合があるので要注意です。これらの外来魚がサビキ仕掛けに掛かると、仕掛けを取られてしまったり、もつれて使い物にならなくなったりします。

竿をゆっくり上下させている方が良く釣れる場合がありますが、この場合も、特にブルーギルが釣れてくる機会が多くなりますので、こちらも十分注意が必要です。


戻る



TOP 最新釣り情報 コアユ釣り スゴモロコ釣り 管理人ushisanのお薦め情報