管理人自作仕掛けのコーナー

新自作仕掛け「コアユスペシャル」

(2009年11月15日に更新)

はじめに

このページは、「淡水小物釣り」管理人自作のコアユ釣りの仕掛けを紹介しているページです。
仕掛け作りは大変面倒ですが、自分で作った仕掛けを使って釣れた時の喜びは、市販の仕掛けを使って釣れた時以上の喜びがあるものです。
まして隣で市販の仕掛けであまり釣れていない時に、自作の仕掛けで調子良く釣れるとさらなる喜びがあると思います。
当ホームページをご覧の、コアユ釣りにハマってしまっている釣り人達の参考になることを願ってこのページを公開します。
仕掛け

左の図を見て下さい。
一番上から、道糸・スナップ付タル型サルカン・サビキ仕掛け(2セット)・ラセン・サビキ仕掛け(2セット)・ナス型錘の順に連結しています。目印は道糸に通してあります。
ここで紹介している図の仕掛けは、今年(2009年)コアユシーズン後半頃から管理人が主に使用していた仕掛けの図です。
サビキ仕掛け1セット分の針は4本で(銀・金交互に付けてある)、仕掛けの上部にはタル型サルカン、下部にはセフティスナップを使用しています。
サビキ仕掛け1セットで針4本ですが、これのメリットは、ジョイント部分が多いので、ラセンを付ける場合に、状況に応じて、上の方に付けたり、下の方に付けたり自由に付ける位置の変更が出来ることです。また、大きな魚を釣ってしまって、エダスを切られた時に、仕掛けを1セット交換するだけで良く、被害を最小限に抑えることが出来ます。
エダスとエダスの間隔は少し狭狭い目に取ってあります。
針同士の間隔を狭くしておくことにより、水深の浅いところでも水中に多くの針を入れることが出来ます。また、コアユがスレ掛かりするような場合、針の数が少ないより多い方が有利となります。
ここで使用している針は、小アジ針(金・銀)1号ですが、コアユが確実に針に興味を持っている場合は、秋田狐(金・銀)2.5号の方が有利になる場合があります。
また、エダスの長さですが、1セットの中で上から順に少しずつ長さに変化を持たせています。この狙いは、エダスの長さが違うことで、水中での針の踊り方、輝き具合がイレギュラーとなって同じ長さのエダスの仕掛けよりコアユの興味を引くことが出来るのではないか?と思ったからです。
それから、ジョイント部に近いところは、ジョイント部とエダスとの間隔をわざと狭くとって、針同士の間隔を出来るだけ同じくらいになるようにするためです。
使用している小物(それぞれ必要数)

セフティスナップ付タル型サルカン 14号
タル型サルカン 14号
セフティスナップ 0号(セフティスナップ付タル型サルカン代用可)
小アジ針(金) 1号 (秋田狐(金) 2.5号代用可)
小アジ針(銀) 1号 (秋田狐(銀) 2.5号代用可)
ナス型錘 0.5〜2号(状況によって使い分ける)
ラセン(出来ればバネ状のもの)
◎道糸 2号(色付き糸可)
◎幹糸 0.6〜1号(透明ナイロン製)
◎エダス 0.6〜0.8号(透明・硬目・糸癖付きにくいナイロン製)
◎目印

注意
ここで使用する釣り針(針だけ)はおそらく釣具屋さんに置いていないと思います。釣り針は通販で買うことになるか、釣具屋さんで取り寄せになると思いますが、通販の場合一度に100本単位での購入となります。売ってあるところはここです。
道糸、幹糸にはあまりこだわりませんが、エダスに使用する糸は、硬目で、糸癖の付きにくいものを使用するようにしてください。自作の仕掛けはエダスの間隔が狭いので、針の重さに負けるような糸だと針同士がおまつりしたり、幹糸とエダスが絡まったりして、釣果が落ちます。この部分の糸は特にこだわってください。

スナップ付タル型サルカン
セフティスナップ
タル型サルカン
小アジ針(金・銀)
ナス型錘
ラセン
目印

サビキ部分の作り方

1. 小物を準備します。
  ◎タル型サルカン 14号
  ◎セフティスナップ 0号
  ◎小アジ針(金・銀) 1号
  ◎幹糸 0.6〜1号
  ◎エダス 0.6〜0.8号
2. エダス用糸に針を結んでおきます。
3. タル型サルカンに幹糸を結び、50〜60cmくらいの長さに切ります。
4. 前記タル型サルカンを柱か何かに押しピンで固定します。
5. タル型サルカンに近い場所に幹糸の結び目(輪)を作ります。
6. 前記輪の中に、2で針を結んだエダスを通します。
7. 幹糸の結び目を強く締めます。このとき、好みに応じてタル型サルカンと結び目との間隔を決めます。
8. 幹糸とエダスの長さは一番上のは短くし、徐々に長くして、一番下のは約3〜4cm程度として、残りのエダスを幹糸に絡めて結びます。このとき、余ったエダスは少し長めに残して切り取ります。
9. エダスを4本全部結べたら、一番下のエダスからろ、約4cm下にセフティスナップを結びます。

針の結び方はこちらです。
針を結んだエダスを幹糸に結ぶ方法はこちらです。
サビキ部分の完成品の図はこちらです。
自作仕掛け作りの様子を紹介しているページ(記事)もございます。
興味のある方は 
こちら をご覧下さい。
このページで公開している自作のサビキ仕掛けを販売しています。

購入ご希望の方は、こちら まで。


販売中の仕掛けには、道糸・目印・ラセン・錘は含まれませんのでご了承下さい。
それらの購入を希望される場合は、ご近所の釣具屋さんで購入していただくか、もしご近所の釣具屋さんで入手困難な場合は、こちら のページで購入いただくことが出来ます。
戻る

TOP 最新釣り情報 コアユ釣り スゴモロコ釣り 管理人ushisanのお薦め情報