こだわりの仕掛け


市販のサビキ針の欠点を補う  (参考ページ:「管理人自作仕掛けのコーナー」
使用しているうちに、糸がすぐにだれてしまう。こうなると水中での針の動きが悪くなるせいかあまり釣れなくなる。釣れなくなってきて、新しいサビキ仕掛けに替えてみたら釣れ始めることがある。
私の場合は、自分でサビキ仕掛けを作るので、市販の仕掛けの欠点を補うため、糸は市販のより少し太めとして、特に枝針を結ぶハリスには気を使います。
幹糸:0.6〜1号  枝針ハリス:0.6〜0.8号 (釣れ具合により使い分け)にしています。このことで、特に仕掛けが汚れたり、ブルーギルやブラックバスを釣ってしまって仕掛けを壊されない限り何回も釣行に耐えます。 
針の間隔が長いと水深の浅い釣り場では、水中に入る針の数が少なくなってきて、針にコアユが掛かる確率が低くなる。
自分でサビキ針を結ばない場合は、浅場では仕掛けの一番下にらせんを付けるのが無難と思います。自分でサビキ仕掛けを結ぶ場合は、5〜7cmくらいの間隔で結べばOKです。あまり間隔が狭すぎると針同士がおまつりしてしまいます。
針の近くに大量のコアユが寄ってくるのに釣れない場合、スレ掛かりで釣れてくることが多い場合は、針の大きさを現在使っているものより1ランク大きめのに替える。この方法は、スレ掛かりを狙って行うので、竿の動きも早くする。
私の場合、通常の針の号数はアジ針の1号を使用しています。スレ掛かりを狙う場合は、アジ針の2号を使いますが、最大ではアジ針の5号を使ったことがあります。この5号ほどの針を使う場合は、さすがに糸の方もランクアップしないとだれてしまいます。
オランダ針やビーズ、ガラス玉等の玉付き針について。
ともかくなにがなんでも釣れる時期は別として、私が通う釣り場所での事ですがあまりこれらの玉付き針はお薦め出来ません。私がこの釣りを始めた頃、いろいろな玉付き針を使っていて、釣れるには釣れるのですが他の釣り人と比べたら半分ほどしか釣れませんでした。ある日、隣でバンバン釣れているのに、私はぽつりぽつりで「どうなってんのかな?」と思っていたら、親切な釣り人が、ペンチを貸してくれて、「これで玉をつぶして取ってしまったら?」と言うのです。半信半疑で言うとおりにして、全部の玉を取ってから再び水中に仕掛けを入れたら嘘のようにバンバン釣れ始めました。
近年あまり釣れなくなってきてから、再び自分の仕掛けに、出来るだけ小さな白いビーズ玉を付けて、シラス餌と間違ってコアユが釣れないかどうか試してみましたが、やっぱり付けない方が良い結果となりました。

らせんへのこだわり
らせんにはいろいろな形のものがあります。
私の好むのは、少し小さめのバネのような感じのものです。このコーナーの コアユ釣りの仕掛け で紹介しているものが最も優れたらせんだと思います。らせんのバネの中心に針金の通ったものもあります。確かにその針金のおかげで大きな魚がかかったときにらせんが伸びて使い物にならなくなることは防げますが、餌を撒くことに関してはこの針金のために、らせんの伸び縮みがなくて邪魔をしてしまうことがあります。
らせんにシラス団子をたくさん付けてるのにあまりコアユが釣れない。

周りでよく釣れていて、自分の周りにもコアユが集まっているのに釣れないからと言って、らせんにシラス団子をたくさん付けてコアユを寄せようとした場合、不思議に釣れない場合があります。もし、こんな事が起きた場合、試しに付ける餌の大きさをうんと小さく、らせんの針金がやっと隠れるくらい(少々見えても可)の大きさにしてみて下さい。もちろんばらけすぎない餌の方が良いです。これで急に釣れ出すことがあります。


 

戻る

TOP 最新釣り情報 コアユ釣り スゴモロコ釣り 管理人ushisanのお薦め情報