その他のこだわり


◎釣りと言えばお天気が気になりますが、コアユ釣りもやっぱり天候に左右されます。

・曇っているより晴れている日がよく釣れる。
・向かい風のある日がよく釣れる。波が出たら更に良し。
・水が濁らない程度に波がある日がよく釣れる。

◎朝早く出かけないと釣れなくなることはありません。

5月・6月頃になれば別ですが、3月・4月は、朝10時頃からで十分釣りになります。あまり早く釣り場に着いてもあまり釣れません。朝早いのが苦手な人にはもってこいの釣りです。
暑いのさえ辛抱できるのなら、5月・6月の日中でも十分釣りになります。朝早くでないと釣れないのでは?と思われるかもしれませんが、コアユ釣りは関係なさそうです。

◎コアユは見えていても釣れる。

見えてる魚は釣れないと言われますが、コアユの場合は見えていても餌を追ってくれれば絶対に釣れます。水面を見て、コアユの群を見つけたらその場でトライしてみることです。
仕掛けを水中に入れたとたんに散っていっても、しばらくそこでやっているうちに戻ってくる場合があります。その時に餌を追うようになればしめたものです。

◎コアユは水面近くにいる。

水深のある深い場所で釣りをする時は、仕掛けをあまり底の方まで入れない方が良く釣れます。もし、市販の仕掛け1セットで釣りを始めたら、1番上の針が水面より1m程度入ったところで、それ以上下に下げずに、次は上へ上げる方が良いです。上へ上げたときに、1番上の針が水面ギリギリか水面より少し上までとし、下げるときは1m程度下げるのが適当かと思います。

◎コアユがいっぱい寄っていて釣れない場合。

釣りをしていてよくあることですが、こんな場合は出来るだけ固くて溶けにくい餌をらせんに丁寧につけて、形を整えてから水で濡らした手で餌の周りだけに水をしみこませます。餌の大きさはらせんがやっと隠れる程度とします。
この状態で仕掛けを水中に入れたら、竿を上下に動かす速さを小刻みにうんと早くします。多分、仕掛けの動きが上向きの時より下向きの時にコアユが寄ってきてくれますから、1番下まで下げるが早いか素早く上へ上げると、スレ掛かりではありますが釣れるようになってきます。この時に、下げる速度だけをうんと遅くしても効果が出ることもあります。
この釣り方に耐えられる餌は、今のところ私が作る餌が1番だと自負しています。


戻る

TOP 最新釣り情報 コアユ釣り スゴモロコ釣り 管理人ushisanのお薦め情報