2004年11月21日(日) 宇治の某川

晴れ

本日釣りをしたポイント



今日は朝から宇治川を見てまわり、その後このポイントにやって来ました。
こちらの方へは、既に「大津・親子釣り日誌」の管理人、KURIさん親子も来られていました。
写真で見るとわかるように、大変浅く、水の中が丸見え状態です。
この川にはたくさんティラピアが群れています。
川の中



水がきれいなので魚の群れが良く見えます。
その分、魚たちの警戒心も強く、こちらがちょっと動くと、サッと逃げていきます。
出来るだけ静かに、姿勢を低くして釣ることにします。

竿は、3.6m、仕掛け1のウキ釣りで、秋田狐2.5号1本針とします。
ウキ下は本当に適当で、錘が完全に底に着いて、ウキが流されにくい状態とします。
エサは特性練りエサから始めてみました。

釣り座を構えてからしばらくは魚たちの警戒心が解けないためか、アタリが出ません。
しかし、しばらく釣り続けているとアタリが出始めました。

まず、最初に釣れたのは手のひらサイズのティラピアです。
それからは、アタリが頻繁に出るようになり、今度はクチボソです。
このクチボソは、この川にたくさんいそうです。

11時を過ぎてから、KURIさん親子は撤収され、私はもうちょっと釣りをすることにします。
釣れることがわかってからは、バイクに積んであったイスを持ってきて、赤虫も持ってきて、ゆっくり落ち着きます。
この辺で練りエサを赤虫に変えてみます。
そうすると、入れたらすぐにウキが踊り、忙しくアタリが出ます。
でもなかなか釣れてくれません。
赤虫の消費がすっごく早い!
アタリが出なくなったらエサがないと言う状態です。

もう一度練りエサに戻します。
アタリは小刻みになって、エサはすぐになくなります。
どうやら小魚がいっぱい寄ってきたようです。

ここで一旦食事休憩です(午後1時になっていた)。

アタリはあるけどなかなか釣れず、針を袖3号に変更して、練りエサを大きめに付けてみます。
そうすると、小魚は釣れなくなります。
釣れてきたのは小鮒とティラピアです。

もう一度、針を秋田狐2.5号にして、赤虫に変更してみます。
相変わらず忙しくウキが踊ります。

いろいろ楽しんで釣り続け、アタリは最後まで続きますが、十分楽しんだのでこの辺で納竿としました。
今日釣れた魚たち



左上、ティラピア。
上中央、クチボソ。
右上、鮒。
下の写真は釣れたクチボソをアップで撮った写真です。

クチボソの数だけカウンターを押していましたが、結局釣れたクチボソは30匹でした。

他は、ティラピア5匹、鮒1匹でした。

この川では、対象魚を決めて釣りをした方が良いと思います。
大きな魚を狙うのか、小魚を狙うのかどちらか絞って釣りをしたらもうちょっと釣果が上がるのかもしれません。
戻る
淡水小物釣りTOP ushisanお薦めフィッシングアイテム 管理人ushisanのお薦め情報