2004年12月5日(日) 宇治の某川

雨後曇り、時々晴れ間&雨

雨で増水



今日の天気予報では雨後曇り、後晴れでしたが・・・

某川到着は午前10時過ぎです。
昨日の雨で水嵩が上がってしまっていて、いつものポイントに入ることは無理な状態です。
水も少し濁り気味です。

ポイント1



いつものポイントは無理なので、K池すぐ横の橋の手前のポイントに入ります。

今日の狙いは、クチボソのみ・・・
竿は1.8m、仕掛け1のウキ釣りで、秋田狐2号1本針、エサは赤虫です。
赤虫を胴掛けにして始めてみます。

さすが、1.8mの竿となると軽くて扱いやすいです。
おまけに、ウキは自分のすぐ前にあって、アタリもわかりやすいです。
いつものように水の中の魚が見えません。
とりあえず仕掛けを入れてみますと、すぐにアタリが来ます。
しかし、ちっとも釣れません。
小さいのばかりが居るのでしょうか?
何回か入れたり上げたりしているうちに1匹目をゲット!
後が続きません。

・・・で、釣りを続けているうちに雨が降ってきました。
青空が見えているのに・・・
とりあえずあわててバイクのところへ行き、折りたたみ傘を出してきます。
雨が通り過ぎてくれるまで、傘をさして釣りをします。

しかし、このポイントは人がよく通るせいか、いつものポイントに比べるとアタリが少ないような気がします。
しばらく粘ってみましたが、あまり釣れないので場所移動することにします。

ポイント2



今度は、対岸のポイントへ移動します。
ここだったらあまり人も来ないので良いだろうと思います。
しかし、始めてみると、結構アタリが遠い・・・
思ったより調子が上がりません。
出来るだけ岸の草の際へ仕掛けを入れると何とかアタリが出ます。
でも、あまり釣れません。

このポイントでは、クチボソだけでなく、時折ティラピアが釣れてきます。
そうこうしているところへ、いきなりすごい手応えが・・・
どうやら大きめのティラピアをかけてしまったようです。
あっと言う間にハリスを切られてしまいました。

時間を見ると、午後2時頃です。

ここまで辛抱してクチボソ一本に絞ってやっていましたが、カウンターを見ると、まだ23匹です。
さすがにこの段階でクチボソは諦めました。
先ほど、大きめのティラピアをバラしたので、今度は釣り上げてやろうと、針を変更しました。
昨日のスポンジを持ってきていましたので、スポンジ+赤虫でやってみます。
しばらくするとはっきりとしたアタリが出ました!
合わせてみると、またもやすごい引きです。
・・・と、やりとりしているうちに、今度は草の中に駆け込まれてしまいました。
結局釣り上げられずにハリス切れです。

時間は午後2時30分。
今日のところはこれで納竿としました。

釣れた魚



今日は、朝の10時過ぎから午後2時半まで、4時間半弱の釣りで、
クチボソ、23匹、ティラピア、3匹と貧果となってしまいました。
この後、釣れた魚は全部リリースです。

帰り際、ふといつものポイントを覗いてみると、ティラピア釣りをしている子供の竿が大きく曲がっていました。
大きなのが掛かっているようです。
横で見ていてバラしてしまわないだろうかと思い、ハラハラドキドキものです。
しかし、心配をよそに、釣り慣れしていることもあるのか、意外と落ち着いてやりとりをしています。
水面に魚を浮かせて、少し弱らしたところで取り込みなのですが、足場がありません。
どうするのかと思っていると、一旦糸をゆるめて、橋を渡って対岸へ移動してから取り込みました。
釣れたティラピアの大きさは38cmで、それを入れ物に入れた時に2度びっくり!!
入れ物には、40cm前後のティラピアが4匹入っているではありませんか!!!
今釣れたのを入れると5匹です。
その後、しばらくこの小さな釣り人の腕前を見学してから帰りました。
(写真はこちらです)

戻る
淡水小物釣りTOP ushisanお薦めフィッシングアイテム 管理人ushisanのお薦め情報