2004年12月12日(日) 宇治の某川

晴れ後曇り後雨

最初に入ったポイント



今日は、初めからクチボソ狙いです。
ここへ到着したのは午前9時過ぎ頃です。
既に大津・親子釣り日誌管理人、KURIさん親子が来られていました。
しばらくKURIさんと談笑後、仕掛けを出すことにします。
今日は先週と違って、水嵩が下がっていて、水が澄んでいます。
もちろん、水の中は丸見えです。

竿は、2.4m。
仕掛け1、ウキ釣り、秋田狐2号1本針。
エサはいろいろ用意していまして、
グルテン
赤虫
紅サシ
練りエサ
スポンジ
疑似餌
合計6種類です。

グルテンから始めてみます。
「BABAちゃんのよろず部屋」管理人、BABAさんに教えてもらったように、グルテンを針先に絡めます。
仕掛けを入れるが早いか、アタリが出て、あっと言う間にエサがなくなります。
本当にうまくエサだけを取られます。
このエサでは、スレで1匹釣れましたが、簡単にエサだけ取られて終わりでした。
しばらくグルテンで続けて見ましたが・・・・・

次は紅サシです。
このエサは通し刺しにして使ってみます。
アタリは頻繁ですが、ちっとも釣れません。

次は赤虫。
このエサもアタリは頻繁ですが、なかなか釣れません。
見る見るうちに脱色していきます。

そうこうしているところへ、まお〜さんが様子見に来られました。
まお〜さんとは、今日初めてお会いします。

今度は練りエサを使ってみます。
かなり固く練った鯉釣り用の練りエサでして、仕掛けを入れたらこのエサにもどっと小魚が集まって来ます。
しかし、釣れません。
魚は集まってきてくれるのですが、針には掛かってくれません。

もう一度グルテンに戻して、今度はグルテンを指先で丸めて大きめに付けてみました。
その時にやっと手応えのあるアタリがあって、釣れてきたのはハエでした。
この川で、初めてハエを釣りました。

今度はスポンジを試してみます。
一応アタリは出ますが、こちらも針には掛かってくれません。
今日のクチボソはかなり手強い・・・

ここで、まお〜さんが帰られました。
また、次にどこかで会えることを楽しみにしてます。

こう釣れないと、今度はどうしよう・・・
秋田狐、2.5号、金銀の5本セットのサビキ針を試してみます。
スタイルはコアユ釣りと同様です。
サビキ仕掛けの一番下に、なす型1号の錘。
仕掛けの一番上に、ラセンを付けて、練りエサをラセンに付けます。
最初は空針で・・・
釣れましたぁ!!!
でも、しばらくすると釣れなくなりました。
今度は、5本の針全部に、疑似エサを小さく切って付けてみます。
スレで釣れたり、ちゃんと針に掛かってきたりで、スローペースながら釣れます。
しかし、これも長続きしません。
しまいに、ティラピアが釣れて、仕掛けがパーに・・・
もう1セット持っていたのでそれを使ってみます。
クチボソは仕掛けの回りに集まっては来ますが、やっぱりなかなか釣れません。

そうこうしているところへ、先週会ったティラピア釣りの少年がやって来て、
橋の近くでティラピアを釣っています。
私が知っているだけでも、30cmくらいのを2匹ゲットしていました。

ここでKURIさん撤収です。
次は、KURIさんもティラピア狙いでしょうか?
次に入ったポイント



KURIさん親子が帰られてから、サビキ仕掛けをやめてポイント変更です。

竿は、3.6m。
仕掛け1、ウキ釣り、秋田狐2号1本針。
エサは、赤虫から始めて、紅サシを主に使っての釣りとしました。
このポイントでは先ほどまで釣りをしていたポイントより更にアタリが頻繁です。
なかなか釣れませんが、たまぁ〜にポツッと釣れます。

ここでは、先ほどよりはクチボソが釣れました。
そして、小型のティラピアも・・・
本日釣れた魚



ハエが1匹。
ティラピア数匹。
クチボソ32匹。

午前9時過ぎから、午後3時前頃まで、8時間近く釣りをしていての結果でした。
クチボソの数釣りの難しさを思い知った1日でした。

とは言え、この川は水が澄んでいて、魚丸見えで、仕掛けを入れてから釣れるまでが見えることもあり、
釣っていても飽きることなく楽しめます。
戻る
淡水小物釣りTOP ushisanお薦めフィッシングアイテム 管理人ushisanのお薦め情報