2004年12月26日(日) 宇治の某川

晴れ後曇り

まずはクチボソから



今日は午前中はお魚キラーでお持ち帰り用のクチボソを捕りながら釣りも楽しみ、
午後からは、ティラピアを釣って遊ぼうと、3本立ての釣行です。

釣り場到着は、午前9時半頃で、太陽は出ていますが、結構北風が吹いていて寒そう・・・
ともかく風をしのげるポイントに釣り座を構えます。

仕掛けを出す前にお魚キラーの中に食パンを入れて投入。。。

竿:1.8m、ウキ釣りで、秋田狐2号1本針です。
エサは紅サシで、針に通し刺しで始めます。

クチボソ釣りのポイント



水深は40cmくらいで、水が澄んでいますから川底丸見え、魚も丸見えです。
こんな状態でも、仕掛けを投入したら、どこからともなく小魚が集まってきて、ウキが踊りまくりです。
アタリは本当に頻繁ですが、相変わらずなかなか釣れません。
そんな中、何とかぽつ〜り、ぽつ〜りとクチボソが釣れてきます。
釣り始めて約30分・・・
一度お魚キラーを上げてみますと、かなりの量のクチボソが入ってます。
とりあえずクーラーボックスへ入れ替え、再びお魚キラーを仕掛けます。

ともかく午前中はこの状態で遊び続けました。

お持ち帰りしたクチボソ



午前9時半頃から、12時前頃までで、釣れたクチボソは17匹。
お魚キラーで捕れたクチボソは数えていませんが大漁です。
この量だと、おそらく300匹くらいはいると思います。

午後からはティラピア釣り



午前中でクチボソ釣り(捕りも)を終了。
食事をした後、ポイントを移動して、ティラピア釣りに専念することにします。

バス竿、スピニングリール、糸は2号、針は伊勢尼8号です。
食パンの耳を針に引っかけて投げてみます。
やっぱり、針と食パンだけでは軽くてなかなか上手く投げられません。
何回も失敗を繰り返しながら投げていて、初めのうちはなかなか釣りにはなりませんでした。

1匹目ゲット!



だんだん投げるのに慣れてきて、6mくらい飛ぶようになった時にようやく一匹目を掛けることが出来ました。
しかし、その一匹目は途中でバラシです・・・
でもそのまま続けていると、待望の一匹目をゲットです。
寸法を測ってみたら、22.5cmありました。
もうちょっと大きいのを期待しながら続けます。

2匹目ゲット!



投げては巻き、投げては巻きを繰り返しているうちに、10mくらいは飛ばせるようになってきました。
やっぱり遠くへ飛ばせた時は魚もあまり警戒心がないのか、食パンが着水すると同時に飛びかかって来ます。
そこへ大きなアタリです!!!
今度はかなり手応えがあり、結構大きなのが掛かってきました。
しかし、やりとりしている間に障害物の中に駆け込まれ、やっとの思いで引きずり出したけれど、
今度は、川の中に捨ててあったカセットテープのテープに仕掛けが巻き付いてしまい、残念ながらバラシです。

そんなハプニングにもめげず、気を取り直して釣り続けます。
その甲斐あって、またもや大きなアタリです。
またカセットテープの方へ向かって走り出します。
何とかそちらへ行かせないよう、懸命に竿で魚を誘導します。
少し時間がかかりましたが、今度は釣り上げることが出来ました。
寸法を測ってみると、今度は36.5cmありました。

ティラピアの大物は、どうやら浮いているエサの方が良いようです。
途中で食パンを丸めて針に付けてやってみましたが、エサが沈んでしまいます。
エサが沈んでしまった時でも釣れないことはないのですが、釣れてくる魚の大きさは手のひらサイズとなります。
食パンのエサで良く釣れることはわかったのですが、浮かせて釣ればもっと良く釣れます。
ポップコーンも試してみましたが、こちらは軽すぎで飛ばせませんでした。

(今日釣れた36.5cmティラピアの別の写真です。良かったら見て下さい。)

時間を見たら、午後2時半です。
一応30cmクラスをゲットできたので、自分としては満足できる結果だったので納竿としました。

結局、今日釣れたティラピアはその場でリリースしてきました。

戻る
淡水小物釣りTOP ushisanお薦めフィッシングアイテム 管理人ushisanのお薦め情報