2005年5月29日(日) 滋賀の某水路

晴れ

水路下流部



久しぶりにウキ釣りがしたくなって、今日はモロコの偵察を兼ねての釣行です。

家を出発したのはいつもよりかなり早く、午前6時20分頃です。
いつものように途中でコンビニへ寄り道したりしていましたが、さすが早朝は道が空いています。
水路に到着したのは午前6時50分頃で、既にKURIさん親子、JUNさんがみえてました。

いつものポイントのずっと下流部の狭いところに1人釣り人がいたのですが、
釣りを始める前に、そちらが気になって様子伺いに行きました。

上の写真の一番向こう側に笠をかぶっている釣り人です。
手前のお二人は、この釣り人の知り合いらしく、釣りをされているのを見ながら雑談中です。

私もちょっと声をかけさせてもらって雑談の仲間入りをさせていただきました。

このポイントは本当に狭く、竿も1mちょっとくらいの竿で十分です。
釣りをされているのをしばらく見ていると、ウキにアタリがあるのがわかります。
私がここで様子を見ている間、魚は釣れませんでしたが、聞くところによると狙いはフナとのことでした。
こんな狭いところでの釣りですから、あまり長居をして騒ぐと釣れないだろうと思い、
気になりながらですがこの場を離れました。
水路上流部



今日の水路は水も多く、道路側から釣り座を構えるのはちょっと難しいです。
JUNさん、KURIさん親子が釣りをされているところより少し上流部へ入りました。

釣り座を構えて釣りスタートは午前7時20分頃です。

竿、3.6m
ウキ釣り
針は、秋田狐2号赤針
下針に練りエサ
上針に赤虫

今日も微妙なアタリを取るべく、ヘラウキ使用です。

釣りを始めて数分後、ウキにツンとアタリが出ました。
すかさず合わせると、本日第一号の子持ちモロコです。
さい先の良いスタートで、気合いが入ります。

今日は水路の水は結構流れていますが、ウキがしもってしまうほどでもなく、何とかなります。
しばらくしたら、またまたツンアタリです。
今度は小ブナが掛かってきました。

アタリは頻繁とは言えませんが、そこそこ楽しませてくれます。
次のツンアタリはハエです。

ここから後は、小ブナが結構釣れてきます。

しばらくしてまたまた子持ちモロコです。

時間を見ると、午前9時を少し回ったところです。
ちょうどこの頃、水路の草刈りに来られて、しばらく釣りは中断です。

9時半頃に草刈りを終わられたので、再び釣り再開です。
しかし、この後がどうもいけません。
アタリがかなり遠のいてしまいました。
それだけでなく、上流から刈り取られた草の一部が流れてきて仕掛けに絡みます。
こうなると釣りにならず、今日のところはここで納竿としました(午前10時40分過ぎ)。

この頃KURIさん親子も撤収されるところで、JUNさんが釣りをされているポイントへ行って、
しばらく談笑後それぞれ撤退することになりました。
水路で釣れた魚



本日は、モロコ2匹、ハエ1匹、小ブナ10匹と言う釣果でした。

水路での釣りの後、時間もまだ十分あるので相模川でコアユ釣りをするため場所移動です。
戻る
淡水小物釣りTOP ushisanお薦めフィッシングアイテム 管理人ushisanのお薦め情報