2005年6月10日(金) 滋賀の某水路

晴れ後曇り

HMKの一本北側の水路



今日もウキ釣りから始めることにして、滋賀の某水路へ向かうことにしました。

家を出発したのは午前7時過ぎで、やや早めの出発です。
昨日のKURIさん情報では、HMKはあまり調子良くなかったとのことで、
今日はHMKよりもう一本北側の水路から始めてみます。

このポイントに到着したのは、午前7時50分頃です。
水路の真ん中くらいの水面に、小魚の波紋がたくさん見えます。
これだけ小魚がいるのなら、きっと釣れるだろうと期待して、少し焦りながら竿を出します。

竿は3.6mで、ウキ釣り、針は秋田狐2号(赤針)2本針です。
いつものように下針に練りエサ、上針に赤虫を付けます。
この水路の水深は約1mくらいです。

仕掛けを投入して、数分したらアタリが出だしました。
ウキの動きを見ていると、何だか小魚がつついているようです。
そのうちに明確なツンアタリが出ます。
すかさず合わせをしますが、何の手応えもありません。
しばらくそんな状態が続きます。

ともかくアタリは頻繁ですが、明確なアタリがあっても空振りばかりです。
少しだけ場所を移動します。

10mばかり下流に下がってみました。
今度は根掛かりです。
竿をあおって外そうとした瞬間・・・
穂先から2番目で竿がポッキリと折れちゃいましたぁ (T△T)
いつもなら予備竿を持ってきているのですが、今日は3.6mの予備を持ってきていません。
少しやる気をそがれた状態で、今度は2.4mの竿でやることにします。

竿を短くしてからもアタリは頻繁にありますが、合わせても空振りばかりです。

時間を見てみると午前9時を少し回っています。
このままこのポイントで粘っていても釣れそうもないので場所移動決定です。

HMK



今度はすぐ近くのHMKで釣りをすることにします。
先週より水嵩が下がっています。
魚の波紋は全くなしです。

このポイントで釣り始めたのは、午前9時20分頃です。

竿は先ほどの続きで、2.4m、ウキ釣り、針は秋田狐2号(赤針)2本針です。
先ほどと同じく、下針に練りエサ、上針に赤虫を付けます。

仕掛けを入れてから10分ほどで、やっとアタリを見ることが出来ました。
ここでも明確にツンアタリが出ます。
すかさず合わせると、モロコではなさそうな手応えです。
・・・と、思いきや・・・バラシです。

しばらくしたらまた明確なツンアタリです。
今度は針に掛かって上がってきました・・・小鮒です。

今日のHMKは、1匹釣るとしばらく待たされ、また1匹釣ると次まで待たされます。
釣れてくるのは小鮒ばかり・・・
釣れないよりはましか、と思いながらしばらく粘ります。

ちょうど5匹ほど小鮒を釣って、時間を見たら午前11時50分です。
このままここで釣りをしようか、また場所移動しようか・・・
とりあえずお腹が減ってきたことだし、ここで食事タイムとします。

HMKで釣れた小鮒



移動しようか、このままここで釣り続けようか、食事中に考えて、結局移動を決断しました。

HMKでは、2時間半ほど釣りをしていて、小鮒が5匹です。
なかなか厳しい・・・・・

戻る
淡水小物釣りTOP ushisanお薦めフィッシングアイテム 管理人ushisanのお薦め情報