2005年7月22日(金) 滋賀の某水路

晴れ

HMK



久しぶりのHMKです。

不調だったのでほとんど諦めていましたところ、先週末に「淡水釣り日記」管理人、
原さんからモロコが釣れているとの連絡を受け、
原さんの情報を知って出撃された、「大津・親子釣り日誌」管理人、KURIさんの釣行日誌を見て、
本日久々のHMK出撃です。

家を出たのは、午前6時35分頃。
途中でコンビニへ寄り道して、お弁当、お茶、ジュースなどを買い込んで行きます。

釣り場到着は、午前7時30分頃。
KURIさんの日誌に書いてあったポイントから、ほんの少し上流部で釣ることにします。

本日の仕掛けは、3.6mの竿、ウキ釣り、ヘラウキ仕立ての仕掛けです。
針は秋田狐2号赤針(2本)、途中から1号に変更。
赤針なんですが、使っているうちに赤い色がはげてきて金色が見えます。
金メッキの上に赤色が塗ってあるようです。
赤色がはげてからでも釣果は変わりませんでした。

ポイント到着後、水面には小魚の波紋があまり見られません。
水は少しだけ流れているようです。

まずは、下針に練りエサを付け、上針に赤虫を付けて始めてみます。

釣り座を構えた上流部へ本日の1投目を投入。
仕掛けが下流へ流されていきます。
全くアタリが出ません。
今度は正面へ仕掛けを入れます。
少しずつ下流へ仕掛けが流されていきますが、やっぱりアタリが出ません。
今度は少し下流部へ仕掛けを投入・・・
アタリが出ないまま時間が過ぎていきます。


今日はこんなのが釣れました



30分くらいアタリなしの状態が続いて、
釣り座の少し下流部岸寄りのポイントでやっとアタリが出始めました。

・・・で、本日の1匹目はフナでした。

ホントにモロコが釣れるのか不安になってきたところへ、やっと1匹目のモロコをゲットです。
それから後は時々フナ混じりで調子良く釣れてくれます。
釣れてくるのは赤虫の付いた針ばかりなので、両針赤虫でやってみます。
パタパタと釣れますが、途中で止まります。
どうやら練りエサに寄せの効果があるようです。

そうとわかれば、練りエサをタルカンに付けて、両針赤虫でやってみます。
それからは仕掛けを入れるとすぐにアタリが出てくれます。
アタリを合わせて空合わせも多かったですが、結構調子良く釣れます。

シングルで釣れてきたり、ダブルで釣れてきたり・・・
しかし、型が小さいのが難ですが、贅沢は言えません(D川のクチボソみたい)。

モロコ以外でも、フナ、カマツカ、ザリガニ、バスが釣れました。

時間を見ると午前11時30分。
お腹も減ってきたので、この辺で早昼とします。

食事後、もうちょっとやってみました。
アタリは相変わらずあるのですが、モロコよりフナが釣れることが多くなってきました。
それとすっごく暑い!!!

時間は午後12時30分。
暑さに負けてここでギブアップ、納竿とします。


本日の釣果



今日はモロコだけをカウントしていたので、他の魚はどれくらい釣ったかわかりませんが、
モロコ134匹。
後は覚えている範囲で、カマツカ2匹、ザリガニ1匹、バス1匹、フナ20数匹と言う結果でした。


戻る
淡水小物釣りTOP ushisanお薦めフィッシングアイテム 管理人ushisanのお薦め情報