2005年9月9日(金) 滋賀の某水路(HMK)

晴れ

今日は一週空けての釣りですが、ずいぶん長いこと釣りに行ってないような気分です。

「大津・親子釣り日誌」、KURIさんの昨日の情報から、今日はHMKに絞り込んでの釣行です。

家を出発したのは午前7時30分頃で、途中コンビニ、釣具屋さんへ寄り道しながら釣り場へ向かいます。

釣り場到着は、午前8時30分頃で、今日のHMKは普段の水嵩と水の色です。
流れは少し早めで、琵琶湖方向へ向かって流れています。

HMK



今日は足場の良いコンクリートの上に釣り座を構えます。

今日の仕掛けは、3.6m竿、ヘラウキ仕立てのウキ釣り脈釣りA の仕掛けをセットします。
錘は、ナス型の0.5号。
錘の上にラセンを付けます。
針は、秋田狐2号3本針です。
ラセンには練りエサ(撒きエサ)を付け、3本の針には赤虫を付けて釣りをします。




1投目投入・・・
思ったより流れが速く、ウキが沈んでしまいそうです。

2投目投入・・・
早速アタリが出始めます。

しかしなかなか釣れません。
ウキはおもしろいように動いているのに・・・

何回か仕掛けを入れたり上げたりしている間に、本日の1匹目が掛かってきました。
鮒でした。。。

それからもアタリは頻繁にありますが、なかなか釣れません。
合わせをくれてもほとんど空振りです。
よっぽど小さいのがたくさんいるのだと思います。

やぁ〜っとしてから本日1匹目のモロコゲットです。
どうもこの調子だと数が釣れそうにありません。
そのうちに群れが来てたくさん釣れるだろうと期待しながら釣り続けますが、釣れるペースは超スローです。

時間を見ると、午前10時を少し回っています。
カウンターは14です。
昨日のKURIさんのペースだったら、今頃40匹くらい釣れることになっているのですが・・・

ここで仕掛けを通常のウキ釣り仕掛けに変更です。
針は秋田狐2号2本針。
針2本には赤虫を付けて、練りエサはタルカンに付けます。
2〜3投目からアタリが出始めますが、ともかくウキがどんどん流されて、釣れるような気がしない・・・
この仕掛けで午前中粘ってみましたが釣れたモロコはたったの2匹・・・

結局午前中でモロコ16匹。
小鮒、小鯉、数匹と、カマツカ1匹でした。

ここで食事休憩。。。


小鮒



本日の1匹目です。


小鯉



続いてこれが釣れました。


カマツカ



普通のウキ釣りにしたらこれが釣れました。


モロコ



普通のウキ釣りの時に釣れたモロコです。


午後からはちょっと遊んでみようと思い、ウキ釣りを止めて(ウキを外しただけ)
脈釣りA の仕掛けでやってみました。
もちろん、錘の上にはラセンを付けて練りエサを付けます。
正面に仕掛けを入れ、ゆっくり仕掛けを沈めて、錘が底に着いたら、少しずつ道糸をゆるめてエサの
赤虫を水底に着けるようにしてやります。

錘が底に着いた時点でアタリが出ることもありますが、それは合わさず、エサが底に着いてからのアタリ
を合わせるようにします。
もしアタリが無いときは、僅かに竿先を上げて誘いをかけます。

この釣り方を始めてから、ペースは遅いもののモロコが釣れ始めました。
モロコだけでなく、カマツカも時々釣れます。
釣れてくるカマツカは、大石のデカスゴくらいの大きさでしょうか???
12〜13cmくらいはあると思います。



午後から約1時間半(午後12時20分頃〜1時50分頃)脈釣りで粘ってみました。
その間、釣れたモロコは11匹でした。

それと、脈釣りにしてから、大きめサイズのカマツカが(上の写真参照)16匹釣れました。
モロコ以外の魚は釣れる度に放流していましたが、魚籠に入れておけば良かったかなぁ・・・

結局本日の釣果は、モロコ27匹。
小鮒、小鯉それぞれ数匹。
カマツカ17匹(これは意外な結果でした)。
ギル1匹(バラシ)。

ちょっと厳しい釣果となってしまいましたが、いつも1〜2匹しか釣れないカマツカが2桁釣れたのが
意外でした。

今日釣れた魚は、魚籠からこの入れ物に一旦入れ、
1匹だけ残しておいたカマツカと一緒に写真に撮って、その後生きている間に放流して帰ってきました。


戻る
淡水小物釣りTOP ushisanお薦めフィッシングアイテム 管理人ushisanのお薦め情報