2005年10月9日(日) 滋賀の某池

晴れ

O池の水位が下がっているとの情報をいただき、今日はO池へ行くことに決定です。

家を出発したのは午前7時50分頃で、途中でお弁当とお茶を買いにコンビニへ、赤虫調達に釣具屋さん
へと寄り道しながらバイクを走らせます。

釣り場到着は午前8時35分頃だったと思います。
O池は8月26日以来ですから久しぶりです。

情報通り、池の水が抜かれていて、前回ここへ来たときより水位はずいぶん下がっています。

O池−1



釣り場には「大津・親子釣り日誌」の管理人、KURIさん親子を含めて6人の先客がおられました。
聞くところによると、モロコはあまり釣れないようで、小鮒・小鯉などがたくさん釣れて、
モロコはそのおまけみたいなものだとか・・・
なかなか厳しそうです。

とりあえずKURIさん親子の左側へ入らせてもらい、そこで釣り始めることにします。

竿は4.5m、仕掛けはウキ+脈釣りAです。
針は秋田狐2号、3本針で、ラセンには練りエサ、針には赤虫を付けて釣ります。

仕掛けを入れてみると思っていたより水深は浅く、前回までは深いところでの釣りでしたから
何となく頼りない感じがします。
「こんなんで釣れるんやろか?」と少し自信なく釣り始めます。


桟橋



8月はこの桟橋が完全に水没してましたが、
今日は陸の上です。


モロコ1匹目ゲット



仕掛けを入れて何投目かで最初の1匹目を
ゲットです。


チビギル



今日はコレが時々釣れました。


小鮒



小鮒・小鯉も相変わらず良く釣れます。


O池−2



最初に入ったポイントで、午前9時前頃から10時頃まで粘ってみましたが、どうも調子が上がらないので
場所を移動することにしました。

このポイントの沖目には藻が生えていて、多分藻の近くの水面に小魚が群れているのだと思いますが、
プツプツと泡がはじけるような音がしています。
仕掛けは藻のところまで届きませんが、とりあえずここでやってみることにします。

仕掛けは先ほどまでと同じ仕掛けで始めてみます。

最初に入ったポイントより、ここはアタリが激しいです。
仕掛けを入れるが早いかウキが踊り出します。
しかし、モロコより小鮒・小鯉が多く釣れてきます。
時々チビギルも・・・

そうこうしているところへ、時々淡水小物釣り掲示板へ入ってきてくださっているyuta-hayaさんが来られ
ました。
初めはどなたかわからなかったのですが、声をかけていただいてわかりました。
yuta-hayaさん、はじめましてです。 \(^_^=^_^)/

午前11時40分頃、KURIさん親子が撤収され、聞くところによるとモロコ50匹くらいは釣れたとか・・・
この時点で私のカウンターは20匹チョイ・・・
厳し〜ぃ!!!

ウキ+脈釣りAの仕掛けでは、少しはモロコが釣れる確率が上がるのですが、どうも数が出ません。
思うに、仕掛けの一番下の錘が抵抗になっていて、モロコが針掛かりしにくいのかもしれません。

それならば、ここは普通のウキ釣り仕掛けにして、水底から20cmくらい上のタナを狙うことに変更します。
これ以降は小鮒・小鯉・チビギルも釣れますが、モロコも釣れる確率が少し上がったような・・・

・・・ お昼の食事タイムです ・・・

・・・ 食事を済ませてからyuta-hayaさんとしばし雑談 ・・・

午後の部スタートです。
カウンターは25匹・・・
ちょっと気合いを入れて釣らないと数釣り出来なさそうです。

ともかくちょっと真剣になって釣りをすることにします。
それから何となく釣れるモロコの数が増え出してきました。
時間が良かったのか、真剣になって釣り始めたのが良かったのか・・・

時間を見ると、午後2時過ぎです。
yuta-hayaさんが撤収準備にかかられました。
このときのカウンターは52匹です。

yuta-hayaさんの釣果(9匹)を提供していただきました。
有り難うございました。 m(_ _)m

その後、午後3時40分頃まで粘ってみました。
カウンターは73匹。
yuta-hayaさんにいただいたのが9匹ですから、全部で82匹いることになります。
これだけいたら持って帰って炊いて食べられるだろうと言うことで、この辺で納竿としました。


小鮒・モロコ



仕掛けを変えてから少しモロコの釣れる確率が
上がったように思います。


モロコのダブル



珍しくモロコがダブルで釣れてきました。



本日の釣果



終わってみたらこの釣果。
73匹釣るのに午前9時前頃から午後3時40分頃、約6時間半ほどかかりました。


戻る
淡水小物釣りTOP ushisanお薦めフィッシングアイテム 管理人ushisanのお薦め情報