2005年12月10日(土) 宇治の某川

晴れ

今日は朝起きてからどこへ釣りに行こうか迷っていましたが、手軽にゆっくり釣りが出来る場所と考えD川でテラピア釣りに決定です。先週土曜日にテラピア狙いでボーズになったこともあり、保険にクチボソ釣りも出来るように準備して出撃です。

家を出発したのは午前11時10分頃で、途中でバイクにガソリンを補給し、コンビニで食パン(3枚入り)を買って行きます。釣り場到着は11時30分頃です。
まずはポイント選びから始めますが、今日は先週と同じポイントにテラピアを確認できたのでここで始めることにします。
D川でテラピア釣り



今日もこのポイントに入りました。
左側のススキの生えたところの川の中央辺りにテラピアが集まっているようです。

バスロッドにスピニングリール。
前回と同じく、単純な投げ仕掛けの上に5号シモリウキを付けます。
針は、ヘラスレ6号で、エサは食パンです。

今日も時々正面から風が吹いてきますが、今日は先週より風も弱いので助かります。

まず1投目・・・
ちょっとミスをしてしまって、川の右端へ飛んでいきます。
しかし、着水と同時に食パンをめがけて小魚がドッと集まってきます。
あっと言う間にエサがなくなってしまいます。

しばらくはこんなことの繰り返しです。
そんな中、急に道糸が引き込まれるような感じのアタリが出ました!
すかさず合わせをかけると、ググッとした重さが竿を持つ手に伝わってきました。
この感触は・・・♪
そうです、テラピアです。
使用している針がスレ針ですので、糸を張ったまま慎重に寄せます。
足下にテラピアを寄せてから、一気に抜き上げます。
まずは1匹目ゲットォー!!!

早速寸法を測ってみます。
本日の1匹目は27cmありましたぁ!!!
1cmだけですが今年の記録更新です。

しばらくしてからまた次のテラピアが釣れます。
今度は26cmです。

水中に少し沈み気味のシモリウキが少し横へ走ります。
とりあえず合わせをかけると、クチボソが上がってきました。
針は下あごに掛かっていました。

次もシモリウキが横へ走ります。
すかさず合わせると、重みが竿を持つ手に伝わってきます。
掛かった魚は、こちらへ向かってどんどん突進してきます。
糸がゆるんだら針がはずれるのでゆるまないよう懸命にリールを巻きます。
針がはずれずに何とか上がってきたのは鯉でした。
寸法を測ってみると22cmあります。

この後も、テラピアが3匹、鯉が1匹釣れ、食パンエサを全部使い切りました。

時間を見ると午後2時30分。
3時間ほどこの釣りを楽しんで、これだけ釣れたらもう満足です。
クチボソ釣りの仕掛けも持ってきていましたが、クチボソ釣りはせずに納竿としました。


小魚



釣り座のすぐ横には、
小魚がたくさん集まっていました。


1匹目ゲットのテラピア



1匹目です。
27cmあり、今年の記録更新です。


クチボソ



今日もこれが掛かってきました。







22cmありました。
この大きさのが2匹釣れました。


本日の釣果



24cm〜27cmまでのテラピアを全部で5匹釣ることが出来ました。
他にも3匹バラシがありましたから、今日は本当に楽しむことが出来ました。


戻る
淡水小物釣りTOP ushisanお薦めフィッシングアイテム 管理人ushisanのお薦め情報