2006年4月23日(日) F川河口部でコアユ釣り

雨後曇り少し晴れ間


今日の朝は雨で、お昼頃には雨も上がってお天気が回復すると言う予報です。
朝起きてからしばらくは自宅待機です。
私が起きたときは雨も降っていなかったのですが、雲が低くかかっていて、本当に今にも降りそうな感じでした。

午前9時半頃、窓の外が明るくなってきました。
まだ曇ってはいますが、このままお天気回復と見越して出撃準備にかかります。

午前10時丁度に出撃準備が完了して、家を出発しました。

今日の釣りポイントはこの時点ではまだ決まっていなく、とりあえず琵琶湖文化館西側と、諸子川の様子を見に行くことにします。

JR大津駅前を琵琶湖へ向かって走行中、「ushisan」と誰かが声をかけてきました。
謎例さんでした。車でお出かけされていて、自宅に戻られる様子です。
私はまっすぐ琵琶湖へ向かって走り、謎例さんは、左に曲がって行かれました。

まず最初に覗いたのは琵琶湖文化館西側(駐車場前)です。
コアユ釣りをされている方が1人おられ、少し声をかけさせてもらってしばらく談笑しながら見学させてもらいましたが、釣れる様子はありませんで、ここは竿も出さず、次へ移動します。

次にやって来たのは諸子川です。
やっぱりコアユ釣りをしている釣り人は1人もいません。
柵のカーブのところから水面の様子を伺ってみましたが、どうも釣れそうな気がしません。
水の色は良いのですが・・・
結局竿を出す気になれず、Fへ向かうことにします。

F川

到着したのは午前10時50分頃と思います。
今日はお天気が良くなかったせいか、昨日とは打って変わってポイントはガラガラです。
私がここへ到着したときは、釣り人はこの写真の方だけでした。
とりあえず昨日の実績のあったポイントへ入ります。

今日は竿は4.5mを使用。
仕掛けはまずは小アジ金銀の20本仕掛けです。
仕掛けを入れてみましたところ、やっぱりなかなか釣れません。
やっとしてから釣れる状態です。
仕掛けのしゃくり方は、昨日釣れたときと同じようなしゃくり方で行きます。

あまり釣れないので仕掛けを変更してみます。
今度は、小アジ金銀の結び目の、金色の針には赤色、銀色の針には緑色の蛍光塗料が塗ってあるのを使います。
これも、小アジの金銀とあまり変わりません。

どちらの仕掛けも釣れるには釣れるのですが、超スローペースです。

次は昨日と同じ混成仕掛けに変更してみます。

仕掛けを変えたとたん、少しだけペースアップです。
でもかなりペースは遅いです。
それと、コアユがくわえている針は、小アジの金だったり銀だったり・・・
20本全部小アジ針の時より釣れるのが不思議です。

ともかく少しでもペースアップしたことだし、このまま混成仕掛けを使い続けます。
しばらくして、今度は狐針にも掛かってくるようになりました。
ここから更にペースアップです。
ペースアップと言っても、ポツリポツリなんですが・・・

ちょうどこの頃、お目にかかるのは久しぶりのTatsuさんが親子で釣りに来られました。
私の隣へ来られ、談笑しながら並んで釣りを続けます。

3時半を少し回った頃でしょうか・・・
今度は「淡水釣り日記」管理人の原さんが偵察がてら見学に見えました。

4時少し前にTatsuさん撤収です。
見学の原さんとしばらく談笑しながら釣り続けます。
4時頃だったでしょうか、原さんも帰って行かれます。

その後、あまり釣れなくなってきて、ボチボチ私も撤収しようかなぁと思ったときです。
急にコアユの活性が上がってきたのか、ポツリポツリがポツポツに変わって、入れ食いに近い状態になってきました。
こうなったら、もうちょっと、もうちょっとになってしまいまして、結局4時40分頃まで頑張ってしまいました。
まだ釣れ続けていたのですが、ちょっと疲れてきたこともあり、この辺で納竿としました。

本日の釣果

午前11時頃から午前中でカウンターは 7・・・
午後からは、4時頃まででカウンターは 70・・・
4時過ぎから、4時40分頃まででカウンターは 102・・・

まだまだ釣れ続けていたのですが、これ以上釣り続ける勢いがなくなってきて、後ろ髪を引かれながらの納竿です。

戻る
淡水小物釣りTOP ushisanお薦めフィッシングアイテム 管理人ushisanのお薦め情報