2006年5月1日(月) F川河口部でコアユ釣り


晴れ


午前中のF川

昨日は、諸子川、文化館西で不調だったので、今日はF川で大漁をもくろんで出撃です。
朝から天気も良く、気温も上がっているので、午前からでもFで釣れるだろうと思い、出撃時間は午前8時頃です。
いつものように途中でコンビニへ寄ってお昼のお弁当とお茶を調達。バイクにガソリンを入れて行きます。

Fへ到着したのは午前8時40分頃でして、釣り場には誰もいません。
上の写真の通り、釣り場は貸し切り状態です。

まずは浅場から攻めてみることにして、ポイントの近くに釣り道具を置いて、ゆっくりと準備します。


朝のポイント

本湖にはバスボート

左側の写真は、これから釣りを始めようとしているポイントの水面の状態です。
少しだけ風が吹いていて、少し沖の方はさざ波が立っていますが、仕掛けの届く範囲は波もあまりなく、水面は穏やかです。
本湖側を見てみますと、右の写真の通り、バス釣りのボートがあちこちに浮かんでいます。

今日も竿は4.5mで、仕掛けはとりあえず混成仕掛けUから始めてみます。
波が穏やかなこともあり、仕掛けの周りの水中の様子が少し見えています。

仕掛けを投入してこのポイント独特のしゃくりを開始します。

しばらくしゃくり続けていると、仕掛けの周りにコアユらしき姿がウロウロとし始めます。
・・・と、まもなく本日の1匹目が掛かってきました。
朝から調子が良いと思いながら次の1匹を狙います。
少し時間を置いて次の1匹・・・・・
またしばらくして次のが・・・と掛かってくれます。
しかし、ペースがたいへん遅く、途中でバラシが多くなってきました。

混成仕掛けの針は、秋田狐2.5号+小アジ0.6号を使っていることもあり、針が小さすぎて掛かりが浅いのかと思い、ここで仕掛けを変更してみることにします。

今度の仕掛けは、小アジ(金銀)1号、20本仕掛けです。
この仕掛けでも掛かってはくれますが、やっぱりバラシが多いです。
それだけでなく、釣れてくるペースが更に遅く、混成仕掛けを使っていたときの倍くらい待たされます。

結局、元の混成仕掛けUに戻してみます。
やっぱり掛かってくるペースが上がりました。
後の問題はバラシが多いことです。

この頃に釣り人が1人増えます。
更にもう1人・・・
そしてもう1人・・・Tatsuさんでした。
これから後はTatsuさんと並んで竿を振ります。

風が出てきました。
それもかなり強い風です。
山の方から琵琶湖に向かって吹いてきました。
この風はあまり良い風ではないので、釣果ダウンが心配です。
それでも何とかポツリポツリと釣れてきますので、飽きることはありませんが・・・

更に釣り人がまた1人・・・
そしてまた1人・・・今度はyuta-hayaさんでした。
yuta-hayaさんは、少し琵琶湖寄りの深場へ行かれました。

時間を見ると11時50分頃・・・
あまり釣れないし、お腹も減ってきたのでこの辺で食事休憩です。

10分ほどで食事を済ませて、再び参戦です。
しかし強い風が吹いてきます。
釣りをされている方のうち、お二人の帽子が飛ばされました。
横から砂が吹き付けられます。

この頃、私とTatsuさんの仕掛けにはほとんどコアユが来なくなってしまいました。

時々深場で釣っておられる釣り人の方が気になり、チラチラと見ていますと、ゆっくりしたペースではありますが、コアユが釣れています。
深場の方が良いのかなぁと思い、ダメモトで本湖側の深場へ仕掛けを入れてみます。
そうすると、先ほどまでと違って、かなり早いペースで釣れてきます。
それならばと思い、荷物を移動して深場で始めます。


午後のF川

初めは上の写真の左側で竿を出していて、結構数を稼いだのですが、さっぱり釣れなくなり、今度は右側の、いつもなら誰も釣りをしていないポイントで竿を出してみました。

何と!
入れ食い状態です!!!
山の方から琵琶湖へ向かって強い風が吹いたため、コアユが思いもしないポイントに溜まっているようです。
単独で釣れることの方が多かったですが、調子の良いときは2連有り、3連、4連有り・・・最高5連まで・・・

午前中で43匹ほど釣っておりまして、ここへ入ってからはあっという間に束になりました。


本日の釣果

3時40分頃、釣れているとは言うものの少しペースダウン・・・
今日は強風に悩まされながらの釣りでしたので、ここまで来たところでかなり疲れました。
一緒に釣りをしていた釣り人達も1人、また1人と帰って行かれ、Tatsuさんも撤収されるとのことで、私も十分コアユ釣りを楽しませてもらったので、この辺で納竿とすることにしました。

仕掛けを片付けてから撮った写真が上の写真です。
釣れたコアユは全部で214匹。
今年の私の新記録更新となりました。


混成仕掛けU
私の自作仕掛けは、元々5本針1セットを4セットつないで20本針としています。
針は、小アジの1号を使っていまして、上から金・銀と交互に配置しています。
混成仕掛けと言う仕掛けは、上から、秋田狐2.5号・小アジ金0.6号・秋田狐2.5号・小アジ銀0.6号・秋田狐2.5号を配置した5本針で1セットとして、それを4セットつないで20本針としています。
今日使っていた、
混成仕掛けUと言うのは、エダスと針の結び目の余り糸をわざと長く余らせて切ってありまして、針の長さより僅かに余りの糸が長い状態のものです。
今日の午前中のあまり風が吹いていないときに、この混成仕掛けUと、従来の小アジ針の仕掛けとを使って比較してみましたところ、理由はわかりませんが確実に混成仕掛けUの方が優れていることがわかりました。
コアユが口にくわえているのはほとんどが秋田狐で、小アジ針をくわえているのは、全体の20%くらいだったと思います。

戻る
淡水小物釣りTOP ushisanお薦めフィッシングアイテム 管理人ushisanのお薦め情報