2006年5月14日(日) F川河口部でコアユ釣り


F川

午前中、諸子川でコアユの顔を見られず、結局このポイントへやって来ました。
ここなら釣れるだろうと、気持ちの中では何となくホッとした気分です・・・がぁ・・・
朝からこちらへ来られているTatsuさんにお伺いしますと、どうも不調のようです。

今日のF川は、浅場のグループと深場のグループに別れて釣りをしているような具合です。

浅場の方にコアユがたくさん来ているようで、珍しく浅場にたくさんの釣り人が集まっています。
雲の間から太陽が顔を見せると水の中が良く見えて、釣り人の仕掛けの周りにたくさんのコアユがウロウロしているのを見ることが出来ます。
ところがこれがまた釣れない!

深場の方は何も見えません。
コアユがいるのかいないのか・・・

さて、どこで竿を出そうかと迷っておりましたが、深場と浅場の中間地点のポイントが空いておりましたので、とりあえずそこで竿を出すことにしました。

6.1mの竿を取り出して、先ほどまで諸子川で使っていた仕掛けをセットします。
ラセンに餌を付けて投入・・・
しゃくり始めますが・・・おかしい・・・いつものFならもう釣れても良いのに・・・
・・・と、首をひねったところへWHOさんが来られました。

この後WHOさんと竿を並べて釣りますが、お互い何も釣れません。。。
どうなっているのだろうと、辺りを見回しながら竿をしゃくり続けます。

どこも全く釣れないわけではなさそうで、あちらの方でポツリ、こちらの方でポツリ程度で釣れているようです。
私の方はと申しますと・・・つっ・・・釣れない (-"-;)
こうなると、浅場へ行ってみたり、深場へ行ってみたりして仕掛けを入れてみますがどこへ行っても釣れません。

長い竿を持ってウロウロするのも疲れるもので、どうせ釣れないならと、竿を4.5mに変更します。
その後もやっぱり釣れません。
こうなったらと思い、先ほどまで使っていた仕掛けを変更してみます。
今度は全部小アジ1号の仕掛けです。

ちょうどこの頃雲の合間から太陽が出てきて、水中が見やすい状態になりました。
そうすると、私の仕掛けの周りにコアユがウロウロしているのが見えました。
こうなると、竿のしゃくり方でコアユの気を引くことが出来るかどうか見ることが出来ます。
・・・で、コアユが仕掛けに近づく度にチョコッと仕掛けのしゃくりに変化を与えると言ったことを繰り返します。
そうすると、やっと待望のコアユがスレ掛かりではありますが掛かってきました。
これで何とか「ボ」だけは逃れることが出来ました。
その後しばらくして、またまたスレ掛かりで1匹・・・
次は針をくわえたのが1匹・・・
針をくわえてくれると言うことは、いよいよ本格的に釣れるか!!!
・・・と、思った頃に太陽が雲に隠れてしまいました。

ここから後がいけません。
コアユが見えないものですから、しゃくりが適当になってしまい、釣れていたときのリズムが戻ってきません。

ちょうどこの頃に、謎例さんが登場です。
少し談笑後、ものの5分か10分ほどだったでしょうか・・・謎例さんは撤退です。

その後も、時々雲が切れて太陽が出てくることがあるにはあったのですが、その時は私の仕掛けの周りにはコアユが見られず、しばらくそのまま粘ってみますが釣れません。

・・・で、またまた、あっちウロウロこっちウロウロして、結局釣れずじまいで納竿としました。


本日の釣果

諸子川で約3時間弱粘ってボーズ。
こちら、F川へ来てから約3時間粘って3匹。
今日は、私にとっては最悪のコアユ釣りとなってしまいました (_ _,)/~~マイッタ


戻る
淡水小物釣りTOP ushisanお薦めフィッシングアイテム 管理人ushisanのお薦め情報