2006年6月10日(土) F川河口部でコアユ釣り

曇り一時晴れ間


F川

相模川で小一時間粘ってボーズとなり、釣れなくて元々気分でF川へ移動してきました。

このポイントに着いたときは、コアユ釣り師はゼロで、バス釣りをされている釣り人が数人おられるだけでした。

竿も出さずに浅場の水面の様子を伺ってみると、メダカのようなコアユの群れがあちこちに見られます。
波紋も出ていて、この状態なら釣る気も起こります。

竿を出したのは午前11時頃で、4.5m竿に仕掛け(小アジ金銀20本)をセット。
浅場なので、仕掛けの下半分が水中に入るだけで、上半分は水面から出てしまいますが、もし深場で釣れることがあった場合を想定してこのままの仕掛けでやってみることにします。

仕掛けを投入してしゃくってみますが・・・・・
アレェ〜〜〜???
コアユが反応しません。
群れはたくさんいるのですが・・・
やっぱりコアユは確実に終わりに向かっているようです。

この釣れない群れを相手しているときに、謎例さんがご自宅から声をかけてこられました。
「どうですかぁ〜」
「ダメですぅ〜。小さいのはたくさんいるのですが・・・」

・・・で、謎例さんがご自宅に戻られてから数分後・・・
やぁ〜っと、コアユが反応し始めました。
ここから先、ポツポツと釣れ始めます。

この頃、コアユ釣り師がお一人見えられ、私の隣で釣り始められます。

私の方は、飽きない程度にポツポツと釣れ続きます。

ふと時間を見ると12時30分過ぎ・・・
コアユが釣れているときなのですが、お腹も減ってきたし、食事休憩とします。

食事を早く済ませて再び参戦です・・・が・・・
心配していたことが起こりました。
コアユがどこかへ行ってしまっています。
どうやら食事をしている本の十数分の間に大きな群れがどこかへ移動してしまったようです。

この後は、かなり厳しい状況が続き、ポツッと釣れてはしばらく釣れない状態です。
そうこうしているところへ、Tさん登場です。
午後2時頃です。

Tさんも参戦されますが、この後もどうもイマイチシャキッとしない状態が続きます。
しかし、全く釣れないわけでもなく、止めるに止められず、ズルズルと釣りを続けます。

午後3時回ってからだったでしょうか・・・
あまり釣れなくなってきて、この辺で諦めて納竿と思ったところへ、またまた次のコアユの小集団がやって来ます。
結局そのまま釣り続けます。

午後4時を回ってから、コアユの集団が岸ギリギリまでやって来ました。
でも、仕掛けを入れても無反応状態です。
時折スレで針掛かりしてくる程度です。
そんな状態が続き、コアユの群れを目の前に見ながら納竿としました。

Tさん、その後はどうだったのでしょうか???
気になるところです。


本日の釣果

F川に来てから、午前11時ころから釣り始めて、午後4時30分頃までの釣果です。
一応束達成なんですが、コアユの型が小さく、嵩のない束達成でした。


戻る
淡水小物釣りTOP ushisanお薦めフィッシングアイテム 管理人ushisanのお薦め情報