2006年8月31日(木) 滋賀の某水路にてモロコ釣り

晴れ

久しぶりの出撃です。
今日は、以前から気になっていたHMK北水路へ行くことにします。

家を出発したのは、かなり遅く、午前9時を少し回った頃です。
いつものように、コンビニへ寄り道して、釣具屋さんで赤虫調達。
釣り場到着は、10時頃です。

HMK北水路−1

到着したのは良いけれど、釣りの出来そうなポイントが広く、どこで釣ろうか迷います。
水路に架かった橋の上から下流部を見てみると、水面は穏やかで、小魚の波紋もあまり見えません。

HMK北水路−2

こちらは橋の上流部です。
この水路は写真で見ると向こう側で行き止まりのように見えますが、実は右へ直角に曲がっています。
ちょうどそのカーブの近辺から手前に小魚の波紋が見えます。

橋の上の端の方にバイクを駐めて、田んぼのあぜを歩いて向こうのカーブのところまで行くことにします。

ポイントへ近づくと、小魚が警戒して、一旦波紋が消えてしまいましたが、竿を出す準備が終わった頃には波紋が出始めました。

小魚は思ったより岸寄りにいるようですが、あまりポイントに近づくと警戒されてしまいますので、波紋の出ているポイントより、少し離れたところに釣り座を構えることにします。

竿=3.6mのべ竿
仕掛け=ウキ+サビキ&スプリング仕掛け
針=秋田狐2号赤針3本
餌=スプリングには練り餌(撒き餌)、針には赤虫

1投目投入。時間は午前10時10分頃です。

仕掛けを入れたときに魚が警戒してしまったためか、再び波紋が消えて、ウキにはアタリが出ません。
そのうち戻ってきてくれるだろうと思いながら、静かに釣りを続けます。

3投目くらいだったでしょうか、やっとウキに小さなアタリが出始めました。

本日の1匹目です。

やっぱり小鮒と遊ぶことになるのかなぁ・・・

釣れないよりはましと思いながら、同じポイントに仕掛けを投入します。

次はタナゴです。

まるまると太ったきれいなのが釣れました。

この後同じポイントで連続してタナゴが釣れてきました。

仕掛けを入れたとたんに鋭いアタリ!

合わせてみるとモロコのような手応えで、期待をしましたが、上がってきたのはハエでした。

やっと待望のモロコゲットです。

8月の初めにHMKで釣れたヤツよりはかなり大きいです。
この後もう1匹追加しましたが、やっぱり大きめでした。

モロコを2匹釣ってからは、このポイントで釣れてくるのは小鮒ばかりです。
何回仕掛けを入れても、小鮒・小鮒・小鮒・・・
アタリも頻繁です。

小鮒ばかりでは飽きてくるので、ちょっとだけポイントを変えてみることにします。

今度は、カーブのところの対岸に生えている草の際を狙ってみることにします。

1投目投入。。。
アタリなし・・・

2投目・・・
モロコゲット!!!

どうやらこの草の近辺にモロコがいるようです。

時間を見ると12時半です。
ここまでで手にしたモロコは3匹です。
かなり厳しい状況です。

お腹も空いてきたことだし、この辺で食事休憩にすることに・・・

約20分後に釣り再会です。

出来るだけ草の際に仕掛けを落とすようにやってみると、先ほどよりモロコが釣れる機会が増えてきます。
時折ダブルもありとなってきました。
この調子だと、もしかしたら数釣り出来るのでは???
・・・と、期待をしますが、なかなかそうはいかないものです。

今度はこれが掛かってきました。

白いタナゴ(ヤリ?)です。

色のついたきれいなタナゴです。

思わず見とれてしまいました。

いきなりウキが水中にスパッと消し込まれました。
すかさず合わすと、少し手応えを感じ、上がってきたのは少し大きい目の鯉でした。

この頃から、ウキは踊りまくり、魚は釣れるのですが、お目当てのモロコは釣れなくなってきました。

時間を見ると、午後3時です。
釣り始めてから約5時間が過ぎ、モロコの数釣りは出来なかったものの、一応釣りを楽しむことが出来たので、この辺で納竿とすることにします。

本日の釣果

約5時間でモロコ25匹ゲットです。
少し大きめのが釣れたので、数の割に嵩が高いです。

本日釣れたモロコはこの後この写真を撮ってからリリースです。

戻る
淡水小物釣りTOP ushisanお薦めフィッシングアイテム 管理人ushisanのお薦め情報