2006年12月16日(土) D川にてテラピア釣り

曇り

前回(12月10日)、D川でテラピア釣りを楽しむことが出来たので、本日もテラピア釣りを楽しもうと思います。

朝起きてから、トイレ、朝食などを済ませてからワンちゃんを散歩に連れて行き、一旦ワンちゃんを家に連れて帰ってから脚のリハビリを兼ねてY川の川縁を散歩します。
散歩の途中でコンビニへ寄り道して、今日のテラピア釣り餌用に食パンを買って帰ります。

散歩から帰ってからは、しばらく家でゆっくりして、少し早目の昼食(午前10時半頃)です。

昼食後、バイクに釣り道具を積んで出発です。

D川到着は午前11時30分頃で、前回と同じポイントへまっしぐらです。

D川ポイント−1

今日はこのポイント近辺には釣り人が誰もいません。
これだけ静かだと大物が近くへ来てくれないかと少し期待してしまいます。

仕掛けは前回と同じく、リール竿の仕掛けの、単純投げ仕掛け+シモリウキの仕掛けです。
針はヘラブナ釣り用のスレ針を糸に直接結びつけることにします。
餌は食パンです。

あまり大きなテラピアは望めないだろうと思い、今日の針は、ヘラスレ7号を使います。

食パンの耳の部分を小さく切って、針に引っかけて針からパンが抜けにくくなるよう針にパンをぎゅっと押しつけます。

第1投目を投入します。

餌が着水するが早いか、クチボソの群れが水面をバシャバシャと波立てます。
クチボソに混ざって、小さなテラピアも寄ってきます。

水面の波が少し消えて、糸がすうっと動きます。
「きたぁっ!」・・・
すかさず合わせをかけますが、空振りです。

何投か同じ状況が続きます。

何投目か入れたときです。
水面の波が消えて、またまた糸が走り出します。
バシッと合わせをかけると、今度は確かな手応えが・・・
← 本日の1匹目ゲットです!

20cmくらいは楽にあるでしょう。

これくらいの大きさだと、手応えもまずまずです。
2匹目ゲットです。→

これは25cmほどありました。

手応えのあるのが続きます。

このポイントで15匹ほど釣ったところで、ちょっと移動してみることにして、橋の下流部の様子を見に行きます。

D川、橋より下流部

釣り道具を入れたリュックを背負って、バス竿とイスを持って下流部へ向かったところ、見慣れた顔の釣り人が1人テラピアを釣っていました。

よぉ〜く見てみると、しんのすけさんでした。

こちらのポイントは大物が出る可能性の高いポイントです。
しかし、今日はこの段階ではまだ大物は出ていないようです。

しんのすけさんにひとことふたこと声をかけて、更に下流部へ様子を見に行きましたが、今日は前回より水が少なく、大きな魚の姿は見えません。
更に下流部の方へ行ってみましたところ、2〜3匹の大きめのテラピアが姿を見せました。
30〜35cmくらいだったでしょうか・・・
水深も浅く、少し近寄っただけでサッと草の中に逃げて込んで行きました。

そのテラピアの逃げ込んだところから少し離れて仕掛けを何投か投入してみましたが、警戒されているためかテラピアが出てくることはありませんでした。

D川ポイント−2

下流部から戻る途中でもう一度しんのすけさんに声をかけて、再び元のポイントに戻ってきました。

初めに仕掛けを投入していたポイント近辺には数人の釣り人が来ていて、ちょっと釣りづらいこともあり、少し上流部に釣り座を構えることにしました。

テラピアの群れ

型は小さいですが、すぐ近くにテラピアの群れが来ています。

ここから先は、釣り人が増えてきたこともあり、型の良いテラピアは警戒してしまって釣れそうもないので、今度は15cm前後のテラピアが相手です。

針は7号ヘラスレから6号ヘラスレに変更して、仕掛けも釣り座の近くに投入です。

作戦は当たりで、その後は15cm前後のテラピアが次々と釣れてくれます。
時折20cmクラスも混ざってきますので、そこそこ手応えも楽しめます。
気がついたら餌の食パンが残り1枚です。
釣りも十分楽しめたことだし、パンがなくなったところで釣りを終了することにします。

午前11時30分頃から、午後3時30分頃まで釣りを楽しむことが出来ました。

釣果の方は、約4時間弱で39匹でした。

帰りがけに、もう一度しんのすけさんに声をかけて、少し談笑後撤収することにしました。

戻る
淡水小物釣りTOP ushisanお薦めフィッシングアイテム 管理人ushisanのお薦め情報