2007年1月3日(水) D川でテラピア釣り

晴れ一時薄曇り

午前中は琵琶湖へコアユ偵察へ行っていて、一旦家に帰ってきたのが午後12時20分頃です。
それから釣り道具を入れ替えて家を出発。途中でコンビニへ寄り道して食パン調達。。。
それと、今日はちょっと変わった餌を試してみることに・・・
D川到着は、午後12時50分頃です。

D川−1

D川でのいつものポイントです。
水温が下がって、テラピアが死滅していないか心配だったのですが、全く問題なしで、テラピアは元気に泳ぎ回っています。
M社からの温かい水が出ているようです。

まずは、リール竿を取り出して、単純投げ仕掛け+シモリウキの仕掛けで始めることにします。
針は、ヘラスレ6号で、針に食パンを付けて投入です。
いつものように、水面に浮かんだ食パンの餌に、クチボソとかテラピアがワッと集まってきます。
水面はバシャバシャと波立っています。
途中で何回も糸が走ります。
すかさず合わせをかけますが、空振りです。
しばらくそう言った状態が続き、アタリが出まくりなのですが、いくら合わせをかけても何も釣れてくれません。
どうやらテラピアの型が小さいのか???

テラピアの群れ

小一時間合わせをかけても空振りばかりで釣れない状態が続き、構えている釣り座のすぐ横をテラピアの群れが行き来しているのが見えます。
どうも見えているテラピアは小さいのばかりのようです。
どうやらリール竿での仕掛けは分が悪そうなので、ここでのべ竿でウキ釣りに変更です。

竿は3m。
針はヘラスレ4号。針1本。
先ほどまで使っていた食パン餌を使用。
それと、今日初めてのお試し餌・・・
おせちのかまぼこを小さく切って、えび粉をまぶした餌です。
最初に釣れてきたのはこのサイズ・・・

小さいのは15cmくらいで、これは17cmくらいだったと思います。

釣れてくるのはだいたい20cm前後と言ったところでしょうか。。。

餌はパンでもかまぼこでも、どちらでも釣れてくれますが、どちらかと言えばパンの方が大きいのが釣れます。

今日も結構調子よく釣れます。
スレでクチボソも掛かってきました。

パン餌を喰ってくるクチボソは少し大きめです。

大きめと言っても、10cmには届きませんが・・・

今日は、クチボソは全部スレですが、3匹掛かって来ました。
今日釣れたテラピアの中で、一番大きいやつです。

きっちり計って、27cmありました。

のべ竿で釣っていてこの大きさのが掛かると、さすがに手応えがあっておもしろいです。
ちょっと時間を見てみると、午後3時50分です。
12時50分から釣り始めましたから、もう3時間ほど釣りをしていたことになります。

最初の1時間ほどは何も釣れませんでしたから、2時間強ほどで47匹釣れました。

テラピア釣りも十分楽しめたし、今日はこれで納竿としました。

D川−2

対岸でテラピアを釣っている釣り人が、餌を付けずにポツポツと調子よく釣り上げていて、どんな釣り方をしているのか気になっていたいたこともあり、撤収する前にちょっと様子見に行きました。

仕掛けを聞いてみると・・・

のべ竿、3.9m。
ウキなし。
錘ガン玉1個(仁丹よりちょっと大きめだったと思います)。
針は毛針(毛針と言っても、白い毛糸を巻いているだけとのこと)。

釣り方は、竿のしなりを利用して仕掛けを投入し、毛針がゆらゆらと水中に沈んでいくところへテラピアが興味を示して近づいてきて、毛針を咥えたところを見計らって合わせをかけると言う釣り方です。
ここの川は透き通っていて、魚が丸見えなので、そう言った仕掛けを使って見ながら釣ることが出来ます。
この釣り方だと餌もいらないし、ますますお手軽と言ったところでしょうか。。。
ただ、ちょっとだけテクはいりますが・・・

D川−3

橋の上から下流部もちょっとだけ覗いてきました。
こちらにもたくさんのテラピアがいました。
どうも前回ここへ来たときより、テラピアの数が増えているような気がします。

やっぱりこちら側にいるテラピアは型が大きいのがいます。
何匹か、水中でひらうちしているのが見えましたが、30cmを超えていると思われるのが何匹か見えました。

今年このままテラピアが育ったら、今年の12月頃には大きいテラピアが増えていることだと思います。
まだまだ先のことですが、年末のテラピア釣りが楽しみです。

戻る
淡水小物釣りTOP ushisanお薦めフィッシングアイテム 管理人ushisanのお薦め情報