2007年2月3日(土) D川でテラピア釣り

晴れ

お昼前に琵琶湖へコアユ釣りの偵察に行って、家へ一旦帰ってきたのが12時40分頃で、時間もまだあるのでバイクに乗せている釣り具を積み替えて、今度はD川へ向かいます。
狙いはもちろんテラピアです。
途中コンビニへ寄り道して、テラピアの餌にする食パンを調達します。

D川−下流部

D川到着は午後1時を少し回ったところです。
先客が1人おられましたが、私がここへ到着してあちこち様子見しているうちに帰って行かれ、その時点のD川での釣り人は私だけとなりました。
まずは、橋の上から下流部の様子を見てみます。

橋の下から少し下手には、右の写真で見えますように、うじゃうじゃと魚の群れが見られます。

この橋の上から釣りをしても釣れるだろうと思いますが、橋の上はどうも落ち着いて釣りが出来ないので、ここは見るだけとします。

D川−上流部

釣り人が誰もいないので、自分の好きなポイントに入れそうです。
今ならいつものポイントも空いているので、そちらで釣りをすることに決定です。

橋の上から上流部を覗いてみると、こちらもたくさんの魚が群れています。
覗き込んだこともあり、魚が警戒して上流部へ逃げていきます。

D川上流部のポイント

ここ最近、このポイントが空いていることがなかったのですが、久しぶりにここへ入ることが出来ました。
早速ここでテラピア釣り開始とします。釣りスタートは午後1時半頃です。

竿はコンパクトロッドでリール竿。
仕掛けは、単純投げ仕掛け+シモリウキの仕掛け
針は、6号ヘラスレ使用。
餌は、食パン。

1投目からいきなり餌をひったくって走り出します。
糸を張り気味にしていたこともあり、向こう合わせとなってしまいました。

25cmありました。

ポイントに入ったときは、魚が警戒して散っていきましたが、しばらくしたら釣り座のすぐ近くまで群れが来ました。
こうなったら仕掛けをあまり遠くまで飛ばす必要がありません。
この群れの少し上流部に、仕掛けを投げ入れて、パンを群れの中へ流すようにしてやれば、パンをめがけて次から次とやって来ます。

今日もクチボソがスレで掛かってきました。

6cmくらいでしょうか???

今日、スレで掛かってきたクチボソはこの1匹のみでした。

午後2時半頃からボチボチと釣り人が増えてきました。
やっぱり人が増えてくると魚も警戒するので釣れにくくなってきます。

少し大きめが釣れた気がしたので計ってみましたが、これも25cmでした。
なかなか大きいのは釣れませんねぇ・・・

時間をみてみると午後3時30分です。
ほぼ2時間ほど釣りをしていたことになります。

釣れたテラピアの数は全部で35匹。
途中で何回もバラしていますから、全部釣れていたら結構な数になっていたことと思います。

今日は使った食パンは2枚でして、5枚入りを買ってきたものですから3枚余ってしまいましたが、テラピア釣りも十分楽しめたことだし、これで納竿としました。

戻る
淡水小物釣りTOP ushisanお薦めフィッシングアイテム 管理人ushisanのお薦め情報