2007年3月17日(土) J川見学&F川コアユ偵察

晴れ

盛越川のコアユ偵察を終え、時期的にはまだ早いですが、小鮒・モロコが釣れると言われているJ川の見学に行ってみました。
盛越川で会った顔見知りの釣り人の案内で、その方のバイクの後を私のバイクで追っかけます。

J川見学−1

かなり細い水路です。
この水路の川下に堰があって、堰の下流部はバス・ギル天国のような状況とか・・・

この水路を一見した感じ、HMKによく似ていますねぇ。

J川見学−2

更に川上の方へ行くと、こんな感じになっています。
ここからはバイクで水路縁を行くことは出来ませんが、この水路に小魚がたくさんいるとしたら、釣り座はたくさんあるし、のんびりと釣りを楽しむことが出来そうです。
今年、コアユが終わってからが楽しみです。

J川見学の後、時間もあることだし、今度はF川へコアユの偵察に向かうことにしました。
顔見知りの釣り人は、ちょっと遠いが、別のポイントへ様子見に行くとのことで、ここでお別れしました。
F川へ行く前に、その他のコアユポイントを見て回りましたが、結構風が強く吹いていて、水が濁っていました。
もし、コアユが釣れていたとしても、この濁りでは釣れそうもない状況でした。

F川

F川到着です。
今日のF川は全く釣り人がいなく(バス釣りの釣り人もいない)、完全貸し切り状態です。
これでコアユが釣れれば言うことなしなんですが・・・

やっぱり風が強く、河口部は茶色く濁っています。
しかし、この写真の正面の突き当たりのところは、あまり濁っていません。

水の色はすっごく感じが良く、いかにもコアユが釣れそうな色です。

もしかして・・・・・
・・・の思いもあり、ダメ元で竿を出してみることにします。

風で竿があおられて、竿がすごく重い!
両手でしっかりと竿を持ってしゃくります。

しゃくり続けること数十分・・・

何の音沙汰もありません。

やっぱりコアユはまだまだのようです。

結局今日も竿を出したものの、コアユの姿を見ることなく帰ってきました。

戻る
淡水小物釣りTOP ushisanお薦めフィッシングアイテム 管理人ushisanのお薦め情報