2007年5月4日(金) F川でコアユ釣り

晴れ

今日は朝から良い天気です。
昨日は相模川で長時間釣りをしていて、疲れているにもかかわらず、やっぱり釣りは止められません。
ここ最近気になっていたF川へおじゃますることにしました。

到着した時間は午前9時45分頃だったと思います。
この時間での先客は、琵琶湖向きの深場にお二人と、浅場にお一人の計3人でした。

あまり調子が良くないのかと思いましたが、しばらく見ているとポツリポツリではありますがコアユが釣れているようです。

浅場で釣りをされている方は、知り合いのOさんでした。→

Oさんが釣りをされているところを見ると、かなり水深が浅く、釣り辛そうですがコアユが仕掛けの周りをウロウロしているのが見えます。

こうなると見えているところの方が釣れる可能性が高いので、こちらの方の横へ入らせてもらいました。

竿は短くて良さそうなので、4.5mの竿を出します。

仕掛けも4セット(20本針)全部付けていると長すぎるので、一番下の1セットを外します。

仕掛けを入れてみると、まっすぐにした状態で、水面より1セット分(針5本)見えてしまいます。
水深60cmくらいと思います。

こうなると普通の仕掛けで釣りをしていたらちょっと厳しそうです。
少し遠目に仕掛けを投入して、錘を引きずりながらとなりますが、なかなか思ったように釣れません。

仕掛けを入れて、まっすぐにしたらこんな感じです。→

Oさんはまずまずのペースでコアユを釣り上げられていますが、私の方はイマイチ状態・・・

仕掛けの問題か、エサの問題か、動かし方の問題か、と思いながら、Oさんに仕掛けを見せてもらったりしていろいろお話を聞いているうちに、やっと1匹目が掛かってくれました。
この1匹目までに自分が思っていたより時間がかかりました。

これで何とか軌道に乗せることが出来て、ここから後は1匹ずつですが入れ食い状態が始まります。

結局動かし方がいちばん効いたようです。
浅場の釣りは久しぶりであったこともあり、思ったように竿をしゃくっているつもりでも、コアユの方は針に飛びついてくれないものです。

今日はおかげさまで釣り止むこともなく、ほぼ入れ食い状態が続いたこともあり、数釣りを楽しむことが出来ました。

Oさんにいろいろ教えてもらったことに感謝・感謝です。

午後3時頃だったでしょうか、、、
私のクーラーボックスの半分をコアユが埋め尽くし、Oさんの小型クーラーはコアユでいっぱいとなりまして、まだまだ釣れ続いていたのですが、自分自身も疲れてきたのでこれで終了としました。

この後、昨日までのことを思うと時間もまだまだ十分あったので、相模川(プリンスホテル前)も気になっていたこともあり、竿を仕舞ったまま様子だけ見に行くことにしました。

途中諸子川で見たことのある方がおられて、ちょっと立ち寄ってみますと、やっぱり「大津・親子釣り日誌」の管理人KURIさんでした。
KURIさんは諸子川で釣りをされていたらしいです。
釣況は、KURIさんのホームページで報告されていると思います。

しばしKURIさんと談笑後、相模川へ到着。
相模川は、昨日より釣り人が多かったようで、普段釣りをされていないところまで釣り人が並んで竿を出しておられました。
どこともポツリポツリ釣れているようで、一番先端の今年の1級ポイントはやっぱり盛況でした。
私は竿を出さずに帰りましたが、今日の状況からして、入れ食いが始まる前のような気配を感じました。

「淡水小物釣り」管理人からのお願い
今日F川でOさんといろいろお話をしている中で、ホントに気になることは釣り場に結構ゴミが捨ててあることです。
どんなポイントであれ、釣りをする釣り人はみなさん釣りを楽しむために行かれていると思いますが、せめて自分の出したゴミは、必ず自分で始末するか、持って帰るのが当たり前だと思います。
タバコを吸われる方は、釣り場で吸われることもあると思いますが、吸い殻のポイ捨てはマナーに反します。
この当たり前のことが出来ないのは悲しいことです。

このホームページは釣りのおもしろさを知ってもらうだけでなく、見ず知らずの人たちが同じ釣りと言う趣味を通じて楽しんでもらうことを目的にしています。

このホームページを見て釣りに出かけられる方もたくさんおられると思いますが、どこの釣り場に行っても、せめて自分の出したゴミは自分で持ち帰るなり、決められたゴミ箱に捨てるなり、この必要最低限のことは守りましょう!

それと、釣り場は自分だけのためにあるのではありません。
限られた狭いポイントへ入るときは、先客に声をかけてから入らせてもらいましょう!
大切な大切な釣り場をみんなで守って、みんながいつも楽しく釣りが出来てと言う環境を作りましょう!

こう言ったことが守られず、釣り場が荒れていくような結果になってしまったら、今まで釣りが楽しめたポイントへ入れなくなったりして、どんどん釣り場がなくなってしまいます。
そんなことにならないよう、せめてこのホームページへ来ていただいた釣り人のみなさんには、以上の必要最低限のことを守っていただくようどうか宜しくお願いします。

以上、管理人からのお願いでした。

戻る
淡水小物釣りTOP ushisanお薦めフィッシングアイテム 管理人ushisanのお薦め情報