2007年12月2日(日) K水路&J川へ偵察釣行

晴れ

この冬はD川でのテラピア釣りは望めそうもないので、今日はD川以外で冬の間に楽しめそうな釣り場所を探すことにします。

モロコが釣れると嬉しいのですが、そうは簡単にはいかないだろうと思いますので、「ボ」覚悟で出撃することにします。
HMKはこれから寒くなると水路の水が抜かれ、浅くなることがわかっていますので、K水路とJ川がどうなっているのか気にかかります。とりあえずK水路へ行ってみて、もしダメならJ川へも行くこととします。

K水路
K水路到着です。
既にヘラ師が何人か竿を出しておられます。やっぱりこの水路ではヘラブナが釣れるようです。
夏にここへ来たときは、釣り人はほとんどいませんでしたが、今日は水路のあちこちに釣り人を見ることが出来ます。

今日はいつものポイントではなく、水面に青々とした藻の見えるポイントに入ってみました。
藻が枯れていないと言うことは、少しでも水温が高いはず・・・

竿:3.6mのべ竿。
仕掛け:ウキ+サビキ&スプリング仕掛け
針:狐2号赤針3本。
餌:スプリング部には鯉餌の団子(みどり)。
  針には赤虫。

ウキはもちろんヘラウキを使用します。

準備が出来て早速仕掛け投入です。
ウキがなじんでまっすぐ立ちますが・・・アタリは出ません。
ホントぴくりとも動きません。
しばらくしたら少しくらいアタってくれるかと期待して、何回も何回も仕掛けを投入しますが、まったくもって音沙汰なし・・・・・
なじんだウキが、時々風に吹かれてゆらゆらする程度です。
しばらく粘ってみましたが、あまりにもアタリがないのでこの近辺のポイントで、少しでも水深のあるところへ移動してみることにします。

こんどは水門の手前のポイントへやって来ました。
こちらは先ほどのポイントよりも少し水深があります。

風が吹いても意外と水面は穏やかで暖かそうなので、ここに魚が群れていたらすぐにアタリが出るはず・・・なのですが、、、

こちらもウキがなじんだ後、水面にまっすぐ立っているだけでぴくりとも動きません。

ここでもしばらく粘ってみましたが、全く何の音沙汰もなく、またまた移動です。

水門の外側へ仕掛けを入れてみました。
こちらは琵琶湖本湖と直接つながっているポイントでもあり、魚はいるかもしれませんが、もしいたとしてもギルかバスだろうなぁ・・・・と思いながら・・・・・

何回か仕掛けを上げ下げしたところで、ウキがゆら〜っと動きました。
すかさず合わせを掛けると手応え有りです。

やっぱり釣れてきたのはギルでした。

このままK水路で粘ってみたところでどうも釣れる気がしません。
ここは思い切って移動することに決定です。

J川
今度はJ川にやってきました。
上の写真の上流部の方の更に橋の上流部は水路がカーブしているのですが、そのポイントには4〜5名の釣り人がいました。今年7月31日にそのカーブのところが少し深いのを確認していましたので、これから寒くなったら釣れるポイントになるのだと思います。

J川も今年の夏に来たときより、今日の方が釣り人はたくさん来ていました。

上流部は満員だったので、もう1本下流部の橋の更に下流部まで来たところ、こちらにも青々とした藻が生えていましたので、この近辺をポイントとして竿を出してみることにしました。

ここでは川底の状態を探るため、脈釣り仕掛けAの上にウキを付けて水深を測ってみます。

何回か仕掛けを入れたり上げたりしているうちに、深いところと浅いところの川底の変化しているポイントを見つけ、そこでやってみることにしました。

ウキ+サビキ&スプリング仕掛けに変えるのも面倒で、脈釣り仕掛けAの錘を外して、錘を付けているスナップに鯉餌の団子(みどり)をつけて撒きエサとします。

竿:3.6mのべ竿。
針:狐2号赤針3本。
針には赤虫を付けます。

何回か仕掛けを上げ下げしているうちに、ウキがなじんだ後小さなアタリが出始めました。
とりあえず合わしてみますがほとんど空振り・・・
そのうち、チクッと鋭いアタリが出て、すかさず合わせると釣れてきたのは鮒でした。

この後も、たまぁ〜に小さなアタリが出ますがほとんど空振りです。
やあ〜っとしてから、同じくらいの鮒がまた1匹釣れましたが、その後はたまにアタリがあるけれど空振りばかりが続きます。

時間を見ると午後2時40分。
一応「ボ」だけは免れたし、今日のところはこの辺で納竿としました。

この様子だとこの冬はJ川で何とか釣れるのかなぁと言ったところですが、次にJ川へ行くときは、アタリがあっても空振り対策を考えなくては。。。

戻る
淡水小物釣りTOP ushisanお薦めフィッシングアイテム 管理人ushisanのお薦め情報