2007年12月9日(日) J川で小鮒・モロコ・小鯉釣り

晴れ時々曇り

昨日はちょっと用事があったこともあり、出撃を控えていましたが、今日は出撃することにしました。
行き先は前回唯一鮒が釣れたJ川へ行ってみることにします。

防寒対策をしっかりして、家を出発したのは午前11時頃です。

 J川
 
J川に到着です。
今日は先客は一人もおられません。完全貸し切り状態で、ポイントをどこにするかかえって迷ってしまいます。 

前回と同じ最下流のポイントも気がかりですが、今回は橋のすぐ上流部のカーブのところでやってみることに決定です。

竿:3.0mのべ竿。
仕掛け:ウキ釣り(ヘラウキ使用)。
針:2本針で、上針は4号ヘラキープ。
  下針は2号狐針(赤針)。

上針にスイミーと赤ベラを混ぜたダンゴの練りエサ。
下針には赤虫を付けます。

丁寧に時間をかけてウキのバランスを合わせて、水深もしっかりと計ります。
ウキは前回まで使用していたものより浮力も小さいウキを使って、練りエサの重みでウキが沈んでしまう状態とします。

1投目・・・
2投目・・・
3投目・・・
この頃からウキがもぞもぞと動き始めます。
 
ヘラウキの半目盛りくらい、チクッとアタリがありました。

すかさず合わせをかけると、小さな小鮒が釣れてきました。

本日の1匹目ゲットです。
 
1匹目が釣れてからも、アタリは止まることなく続きます。

2〜3匹小鮒を釣ってから、グルテンでも釣れるかどうか試してみようと思い、今度は下針のエサをグルテンに変えてみました。

グルテンにしてもアタリは止むことなく、渋いアタリですが、合わせてみると今度は少し大きめの小鮒です。

一応グルテンでも釣れることがわかり、再び下針は赤虫に戻します。
 
今度は、鮒にしてはちょっと違うかなぁというアタリがありました。
合わせてみると、手応えが鮒の感じではありません。

上がってきたのはタモロコです。
今の時期にタモロコを釣ったのはこれが初めてです。

12月でもタモロコが釣れるんですねぇ。。。

次のアタリは、ウキがスポッと水中に消し込まれました。
この寒い日にウキを消し込むとはエライ元気な魚だなぁと思いながら合わせをかけて、上がってきたのは小鯉でした。

今日はこんな感じで、釣り始めからアタリが出るようになってからは、一度もアタリが止まることがありません。
アタリがあると飽きることもありません。

釣れた魚は針を外してはすぐにリリースです。

中にはスレ掛かりで上がってきた小鮒もいましたから、このポイントにはかなりの数の魚が群れているのかもしれません。
 
釣りをしているすぐ横に鳥が一匹寒そうにたたずんでいます。
今日は時々風が吹いてきますが、結構冷たい風です。
防寒服を着ているので、身体はさほど寒くないのですが、手がかじかんできます。

時間を見ると、午後1時40分頃です。
釣りも十分楽しめたことだしボチボチこの辺で納竿にしようと思います。
 
本日の釣果は、全部で23匹。
小鯉1匹、タモロコ2匹、小鮒20匹です。

寒い時期なので、アタリは渋く、ウキも大きく動くことはほとんどありませんが、小さな渋いアタリを拾いながらの釣りもおもしろいものです。

また機会があればJ川へ訪れてみたいと思います。

 戻る
淡水小物釣りTOP ushisanお薦めフィッシングアイテム 管理人ushisanのお薦め情報