2008年1月5日(土) J川で初釣り・・・「ボ」

晴れ

2008年初釣りです。
去年12月9日にJ川で調子が良かったので、寒くても釣れるかもしれないと思い、まずはJ川でスタートしてみることにしました。
防寒対策は万全で、家を出発したのは午前11時30分頃です。

J川上流部
釣り場に到着したのは、12時頃です。
水の量は去年と同じくらいでしょうか・・・去年と同じ上流部のカーブのところで始めてみることにします。

このカーブの少し右側が最も水深があるところで、前回と同じ状況なら、このポイントにはたくさん魚が群れてるはず・・・ですが・・・・・

竿:3.0mのべ竿。
仕掛け:ヘラウキ仕立てのウキ釣り
針:上針はヘラキープ4号。
   下針は狐2号赤針。
エサ:上針にはみどり+赤ヘラの練りエサ。
    下針には赤虫のちょん掛け。
練りエサの重さでウキのトップが2目盛りほど出る程度とします。この状態ではエサは両エサとも水底に沈んでいる状態です。

前回は何投目かにモヤモヤとアタリが出たのですが、今日はアタリも触りも出ません。
でも、しばらく粘ったらアタリが出るだろうと期待して、練りエサがなくなる度に仕掛けを入れ直します。

30〜40分くらい、何のアタリも触りもない状態です。
どうもこのポイントには魚がいないのでしょうか?

約1時間ほど粘ってみましたが、結局何のアタリもなく、魚が釣れそうな気がしなくなってきました。

このままこのポイントで粘ってみたところで釣れる気配がなさそうなので、ここは思い切って移動することにします。

J川下流部
上流部のカーブの深みでは釣れないので、今度は最下流部へやって来ました。
このポイントは、青々とした水草が見られ、少しは期待できそう・・・・・
水草の生えているポイントは水深が浅く、それより下流部へ行くに従って水深が深くなっています。

先ほどと同じ仕掛けで釣り再開です。

竿:3.0mのべ竿。
仕掛け:ヘラウキ仕立てのウキ釣り
針:上針はヘラキープ4号。
   下針は狐2号赤針。
エサ:上針にはみどり+赤ヘラの練りエサ。
    下針には赤虫のちょん掛け。
少し浅めですが、水草の近くをポイントにしてやってみることにします。

もし、水草の影に魚が群れていたら釣れるはず・・・・・なんですが・・・・・
こちらでもアタリ無し、触りなしで、ウキはピクリとも動きません。
ここにも魚がいないのかなぁ???

・・・で、30分ほど粘ってみましたが、ウキには何の反応もなく、ちょっとポイントをずらせてみることにします。
今度は何も障害物はありませんが、水深の深いところを攻めてみます。
このポイントも、上流部のカーブの深み程度の水深がありそうです。

練りエサが溶けてなくなる度に、エサを付けなおして、何回も何回も仕掛けを投入しますが、こちらでもウキには反応なしの状態が続きます。

どうやらこのポイントでも釣れる様子はありません。
J川の魚たちはどの辺りに行ってしまっているのでしょう???
群れているポイントがわかれば釣れるはずなのですが・・・それとも、魚はいるが釣れないのでしょうか?

このポイントでも30〜40分ほど粘ってみましたが、やっぱり釣れそうな気がしなくなってきて、結局ここでギブアップ。\(−"−)/ マイッタ

2008年の初釣りは「ボ」で終わってしまいました。(;´д` )

戻る
淡水小物釣りTOP ushisanお薦めフィッシングアイテム 管理人ushisanのお薦め情報