2008年1月6日(日) D川で小物釣り

晴れ

昨日はJ川で惨敗・・・「ボ」となってしまったこともあり、今日は出来れば確実に小物が釣れるポイントへ向かうことにしました。
今の時期、私の知っているポイントで何とかなりそうなのはD川です。
去年はテラピアで遊ぶことが出来たのですが、今年はテラピア釣りは望めそうもなく、D川でクチボソでも釣って遊ぼうと思います。

D川
釣り場到着は午前11時40分頃で、橋の上流部では家族連れで釣りをされている方が何人かおられました。
下流部のポイントは空いているようなので、下流部へ入ることにします。
橋の上から下流部を覗いてみます。

そこそこの大きさの魚の群れを見ることが出来ますが、群れているのはどうやら鯉や鮒のように思います。

時々水中で平打ちするのがいますが、どう見てもテラピアではなさそうです。

もちろんクチボソと思われる小魚の群れも見られます。
下流部の少し水深のあるポイントにやって来ました。

水深があると言っても、D川はどこも浅くて、水も澄んでいますので水中は丸見え状態です。

とりあえずこの辺りで釣り座を作ることにします。
ポイントに座って、水中を覗いてみると、クチボソやカダヤシと思われる小魚がたくさん見えます。

今日の仕掛け。
竿:1.8mのべ竿。
仕掛け:普通のウキ釣り仕掛け。
針:狐1号赤針1本。
エサ:赤虫。

釣りスタートは午前11時50分頃です。
仕掛けを投入するが早いか、ウキが踊ります。

エサが沈んでいく途中で、小魚がエサをつつき始めます。

まずはクチボソゲットです。

相変わらず、ウキは踊りまくりで、エサを取られてばかりでなかなか釣れません。
忙しいアタリの中、次に釣れてきたのはカダヤシです。

こんなちっぽけな魚でもちゃんと針に掛かってくるもんです。

この後もアタリまくり状態ですがなかなか釣れません。
しばらくしてから釣れてきたのは、またカダヤシです。

お腹がパンパンになっていて、かなり太っています。

これもちゃんと針は口に掛かっています。

水中を見ていると、時々少し大きめの小魚が見えますので、今度は赤虫を何匹も針に房掛けにしてやってみます。
赤虫を房掛けにして仕掛けを入れると、少し大きめの小魚が飛びついてきました。

大きめと言っても10cmもありませんから、釣れても手応えはあまりありませんが・・・

釣れてきたのは少し大きめのクチボソでした。

この後、赤虫を5匹以上針に房掛けにして釣りを続けますが、やっぱりアタリは頻繁にあるものの、なかなか釣れません。
エサを取られては赤虫を付けてを繰り返し、しばらく遊び続けます。

時間を見ると午後1時30分・・・
釣りを始めてから約1時間40分。ここまでで、クチボソ8匹、カダヤシ3匹の釣果です。
いちおう小物釣りを楽しむことが出来、今日のところはこれで納竿としました。

戻る
淡水小物釣りTOP ushisanお薦めフィッシングアイテム 管理人ushisanのお薦め情報