2008年9月27日(土) N池&J川でモロコ釣り

晴れ時々曇り

今日は朝からお天気も良く、気温もちょっとひんやり気味で、釣りに行くには気持ちよさそうな感じです。

2007年にモロコ釣りに行っていたO池が埋め立てられ、隣のN池はどうなっているのか気になっていたこともあり、今日はN池の様子を見に行って、もしモロコが釣れるようならN池でモロコ釣りをして、不調ならJ川へ移動の予定で出撃です。

N池
N池に到着しました。この池は時々水を抜かれるのですが、今日は水がたっぷり入っています。
写真は撮っていないのですが、この池のお隣のO池は完全に埋め立てられていました。でも、まだ少し水溜まりがありましたから、まだ工事中なのだと思います。

とりあえずこのポイントで竿を出してみることにします。
竿:4.5mの のべ竿を出します。
仕掛け:ウキ+サビキ&スプリング仕掛け。
撒きエサ:みどり(コイエサ)+赤ベラ(ヘラエサ)。
エサ:赤虫。
針:狐2号(3本針)。
ウキは発泡スチロール製の、浮力のある唐辛子タイプのウキを使用します。

仕掛けを投入して、2〜3投目くらいからアタリが出始めますが、なかなか魚が針に掛かってきません。
何回も水中にウキが消し込まれますが、なかなか魚が掛かってきません。
何が釣れるのか期待をしながら何度も何度も竿を上げ下げします。
・・・と、ついに掛かってきましたぁ!!!・・・ギルが・・・・・ヘ(´o`)ヘ
この後しばらくギル・ギル・ギルと続きます。

やぁ〜っとしてからモロコが掛かってくれました。
さぁ!!!
これからだぁっっっ・・・・・!!!
・・・と、気合い十分なのですが、、、
釣れてくるのはギル・ギル・ギルのオンパレードです。

仕掛けを入れたらすぐにアタリがあってウキがじっとしていることがないのですが、釣れてくるのはギルばかりです。
ヨシッ!それならば!!!
・・・と言うことで、今度はウキとスプリングを外して、一番下に1.5号の錘を付けて脈釣りに変更です。

少し沖目に仕掛けを入れて、錘が水底に着いたら少しだけ竿を持ち上げます。
この釣り方でもアタリはすぐにあります。。。。。
・・・が・・・ギルとゴリの連です。
やっぱり、エサが水底近くに行くので、ゴリが釣れ始めます。
ゴリをたくさん釣って甘露煮も良いのかもしれませんが、今日はいちおうモロコ狙いですので、釣れたゴリはその場でリリースです。

このポイントで1時間半ほど粘ってみましたが、釣れたモロコは1匹だけで、ほとんどギルでした。
脈釣りに切り替えてからはゴリがポツポツ釣れましたから、ゴリ専門で釣ってみるのもおもしろいかもしれません。

・・・と言う状況で、N池での釣りはこれで終了してJ川へ移動することにします。

J川
J川到着は午前11時10分頃です。
今日のJ川はいつもより少し茶色く濁っていましたが、水面には小魚の波紋が見え、いかにも釣れそうな感じです。
期待しながらいつものポイントへ入ります。
ちょっとお昼には早いですが、食事をしてから竿を出すことにします。
竿:3.0mの のべ竿を出します。
仕掛け:ウキ+サビキ&スプリング仕掛け。
撒きエサ:みどり(コイエサ)+赤ベラ(ヘラエサ)。
エサ:赤虫。
針:狐2号(3本針)。
ウキは発泡スチロール製の、浮力のある唐辛子タイプのウキを使用します。

仕掛けを入れて数投目にウキが動き始めました。
最初に釣れてくれたのはモロコです。

N池で釣れたヤツよりはちょっと小さいですねぇ。

この後もアタリが続きますが、以前のようにウキが踊りまくりと言うほどにはなりません。

ちょっと厳しいのかなぁ。。。。。
またまたモロコが掛かってくれました。

今度はさっき釣れたヤツよりかなり小さいです。

この後もいちおう釣れてはくれますが、釣れるペースはかなり遅いです。
このポイントへ入ったときに期待していたのですが、この調子だと相当苦戦しそうです。
小鮒が釣れ始めました。

モロコが釣れるペースが更にダウンです。
ここまでで約2時間ほどこのポイントで粘りましたが、モロコが2桁釣れればヨシ程度の状況です。

相変わらずウキは動きっぱなしなのですが、狙いのモロコはサッパリになってきました。
時間を見るともう午後2時です。このまま粘っていてもモロコの数釣りは望めそうもないので、今日のところはこれで納竿とします。

本日の釣果
 
J川で粘った結果の釣果です。釣れたモロコは全部で13匹。
N池で1匹釣れましたから14匹釣れたことにになりますが、今日はホント厳しい釣りとなってしまいました。

戻る
淡水小物釣りTOP ushisanお薦めフィッシングアイテム 管理人ushisanのお薦め情報