2008年12月13日(土) J川&N池偵察

晴れ

今日は朝から晴れていて、それほど寒さも感じないし、、、

午前中はちょっと用事があって、あちこちとウロウロしていましたが、家に帰ってきたのが11時30分頃で、出撃しようと思えば出来ない時間でもなく、、、これだけお天気が良いとやっぱり家の中ではもったいないので出撃決定です。

・・・と言っても、ここ最近「ボ」の連続で、どこで釣れるのかわからないし、かと言って行ってみないとわからないし・・・で・・・いちおう釣り道具を持って家を出ました。

J川
11月29日にさっぱりだったのであまり期待は出来ませんが、やっぱり気になるJ川へやって来ました。
上流部のカーブのポイントですが、やっぱり釣り人は誰もいません。魚がいるような気配がなく、竿を出そうと言う気が起こりません。
上の写真のすぐ下流部ですが、こちらも水面穏やかで、ただそこに水があるだけと言ったような感じです。

右横に木が2本ありますが、魚が良く釣れていた頃は、あの辺りに波紋がいっぱいだったのですがねぇ。。。

ここも見るだけ見て移動です。
更に下流部です。

釣れるときはこの辺りもポイントになるはずなのですが、こちらも水面穏やかで、魚の気配を感じられません。

前回来たときは、釣れませんでしたがこの辺りで水面に波紋を見られたのですが・・・・・
もう少し下流部の堰の近くに1人だけ釣り人がおられます。
ちょっと声をかけさせてもらって聞くところによると、これから始められるところだとか・・・

1人でもおられると言うことは、もしかしたら釣れるのかも???
・・・と期待して、私もこの近辺で参戦させてもらうことにします。
私は更に下流部の堰のすぐ近くで竿を出すことにしました。

右上の方に緑色した水草が見えます。
まだ水草が枯れていないと言うことは、それほど水温が下がっているわけでもナシ・・・
もしかしたら釣れるかも・・・

竿:3.0m
ウキ釣り仕掛けで、上針は4号スレ針、下針は狐2号です。
ウキはヘラウキを使用。
上針には宇治川でオランダ仕掛けのエサカゴに詰め込んでいた撒きエサをダンゴにして付け、下針には焼きそば麺にエビ粉をまぶしたのを小さく切って付けます。
仕掛け投入です・・・・・が、、、、、
やっぱりアタリも何もありません。
僅かな水の流れに押されてウキが傾いているだけです。
わざと撒きエサを落として、何回も仕掛けを入れ直しますが、ウキはピクリとも動きません。

粘り続けますがウキは反応なくじっとおとなしくしているだけです。

こうなったら、せめてギルでも釣れないかと思い、堰のすぐ下流部に仕掛けを入れてみました。。。・・・が・・・・・、、、、、こちらも何の反応もありません。

1時間くらい粘ったでしょうか???
結局アタリも何もなく、諦めて竿をたたんで別の場所へ移動してみることにしました。

移動する前に、先客に声をかけてみましたところ、やっぱりアタリ無しとのことでした。この様子だとJ川は今年中はちょっと無理だと思います。
来年の夏までおあずけとなりそうですねぇ。。。。。

N池
J川の次はN池にやって来ました。
こちらは、今年9月27日に1度来ているのですが、入れアタリで釣れたらギルの経験がありますので、もしかしたらギル釣りで遊べるかもと思ってやって来ました。
前回N池に来たときは何人か釣り人がおられたのですが、今日は1人だけです。
見た感じ、ヘラか鯉狙いかと言った感じです。

ちょっと遠目ですが、こちらから見ている限り魚が上がっている様子はありません。
やっぱりちょっと厳しいのでしょうかねぇ。
水はだいぶ減っていて、手前の方は水底が見えています。
もし小魚でもいたら見えるはずですが、水中に動く物は見えません。

見た感じ竿を出しても釣れる気がしません。
遠くの方ならもしかしたら釣れるのかも???・・・と期待して、、、超コンパクトロッドを持参していたので、チョイ投げでやってみることにします。

随分前に買っていたロッドなのですが、なかなか出番がなくて使っていなかったので、今回が使い初めとなります。

仕掛けは、チョイ投げBの仕掛けです。
針は狐2号で、錘はナス型3号を使用。
狐針に先ほどの焼きそば麺を小さく切って付けます。
仕掛けを投入します。

生き餌を使っていないので、仕掛け投入後にホンの僅かずつリールを巻いて誘いをかけます。
もし魚がいたらエサをつついてくれるはず・・・???・・・なのですが、、、

アタリはありませんねぇ。。。。。

では、今度は置き竿にしてアタリを待ってみますか。。。。。

やっぱりアタリナシです。

約1時間くらい粘ってみましたが、こちらN池でも全くダメ状態です (_ _,)/~~白旗〜

・・・と言うことで、、、今日もまたまた「ボ」となってしまいました。

戻る
淡水小物釣りTOP ushisanお薦めフィッシングアイテム 管理人ushisanのお薦め情報