2009年12月6日(日) D川でクチボソ釣り

晴れ時々曇り

今日は朝から晴れていて久しぶりに出撃することにします。
ここ最近の情報によると水路はイマイチのようなので、今日はD川へ出撃して、クチボソでも釣って遊んでこようと思います。

お昼にはちょっと早めの食事をして、釣り道具をバイクに積んで出発です。

D川
D川到着は、午前11時30分頃です。相変わらず川の水は澄んでいて、川底丸見えです。
橋から少し下流部で、少し水深のあるところをポイントにします。
水深があると言っても1m弱くらいで、もちろん水中の様子はよく見えます。

ちょうどこの辺りは、岸辺の草が川を覆っていて、小魚がたくさん寄りついているようです。

ちょっと水に手を漬けてみると、結構温かい水です。これだけ温かいと魚の活性も高いと思います。

仕掛けを出す前に、少しだけ撒き餌をパラパラと撒くと、周りから小魚がワッと集まってきます。

水辺から少し下がったところに釣り座を構えて準備にかかります。

竿は1.8m延べ竿。 仕掛は普通のウキ釣り仕掛けで、針は1本(狐1号赤針)のみです。
餌は焼きそば麺にエビ粉をまぶして、麺を米粒くらいの大きさに切って針に掛けます。
魚はたくさんいて、散って行きそうもないので、撒き餌は使用しません。
仕掛けを入れるが早いか、ウキがピクピクと踊ります。
餌の周りに小魚が集まってくるのがよく見えます。
早速本日の1匹目をゲットです♪
D川にしては大きめのクチボソですねぇ。

川の水も温かいし、テラピアがいなくなったので、他の魚が良く育っているのかもしれません。

撒き餌なしでも全く問題なくウキは踊りまくりで、思ったより結構楽しめます。

対象魚がクチボソですから、入れ掛かりと言うわけにはいきませんが、仕掛けを入れたら、速攻でウキが踊り始めます。
どのアタリで合わそうか考えていたら、すぐに餌を持って行かれますから、仕掛けを入れてアタリが出たらすぐに合わすことになります。
真剣にやったら結構忙しいです。何回も空振りしますが、時々クチボソが針に掛かってくれます。

こんな状態が延々と続いて、ふと時間を見ると午後1時50分です。
気分的には十分楽しめたし、今日のところはこれで納竿としました。

本日の釣果
 
午前11時30分から午後1時50分。2時間と20分ほどで53匹です。
久しぶりの小物(クチボソ)釣りを楽しむことが出来ました。釣れたクチボソは記念撮影後放流です。

戻る
淡水小物釣りTOP ushisanお薦めフィッシングアイテム 管理人ushisanのお薦め情報